【ブログ改修中】一部表記が崩れております。ご了承ください。

【2021年版】アップルウォッチ おすすめバンド3選「実際使用して厳選した商品」

この記事で解決できる悩み

・Apple Watch(アップルウォッチ)の選び方

・Apple Watch(アップルウォッチ)のシーン別のおすすめ商品

・Apple Watch(アップルウォッチ)の取り外し方

Apple Watch(アップルウォッチ)のバンドは、たくさんあって迷っちゃいますよね。

Apple純正、サードパーティ製とたくさんあります。

そこで、ガジェットブロガーの私が、

実際にAppleWatchのバンドを4つ使ってわかった

オススメ商品を紹介したいと思います。

ライスパくん

私が現在進行系で使用している3つの商品となるので、

間違いはありません。

たくさんの商品の中から選択したい、

という方は当ブログだけでなく、

いろんな方の記事を見て判断してくださいね。

その中で私がオススメする商品を選んでくれたら嬉しいです。

では早速商品を紹介したい所ですが、

簡単に「アップルウォッチのバンドの選び方」から解説したいと思います。

(商品を見たい方は、目次からスキップしてくださいね)

クリックできる目次

アップルウォッチのバンドの選び方

アップルウォッチのバンドの選び方①:利用シーンで選ぶ

アップルウォッチは、様々なシーンで利用する事が可能です。

代表的な例は、このようなシーンではないでしょうか?

  1. ビジネスシーン
  2. スポーツ
  3. 睡眠
  4. プライベート

これらの利用シーンと素材の一覧を作ったので、観てください。

素材
レザー

ステンレス


スポーツループ


ナイロン


スポーツバンド
ビジネス
フォーマル
おすすめ おすすめ イマイチ 普通イマイチ
プライベート おすすめ 普通 普通 おすすめ 普通
スポーツ 微妙 微妙 おすすめ 微妙 おすすめ
就寝無理無理 おすすめ 普通 おすすめ
デザイン性高い普通 イマイチ 普通 イマイチ
代表的な商品
(公式)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ビジネスシーンであれば、「革、ステンレス」、

スポーツであれば「スポーツループ、スポーツバンド」

など、使用する場面に応じて適任の素材は変わっています。

ライスパくん

初めてのバンドであれば、様々なシーンで使えるバンドを選ぶと使いやすいです。

どのシーンであなたが一番使いたいかを選びましょう!

アップルウォッチのバンドの選び方②:素材で選ぶ

先程、利用シーンの所でも書きましたが、

アップルウォッチのバンドは素材がたくさんあります。

それぞれの特徴を、紹介するね。

  • シリコン・・・スポーツ利用時に最適。水・汗に強く、すぐに洗える。
  • ナイロン・・・カジュアルな雰囲気が出せる。オールマイティに使用できる。
  • ステンレス・・・スーツに合わせやすい。フォーマルやビジネスシーンでは鉄板。
  • レザー・・・水に弱いのは、弱点だが、オシャレさ、ビジネスでの使いやすさは突出している

色んな素材があるから、

一つと決めないでたくさんのバンドをしてみると

違いがわかって楽しいよ。

利用シーンに応じて、

バンドを変更するのも楽しくなります!

アップルウォッチのバンドの選び方③:純正かサードパーティか

アップルウォッチのバンドは、

Appleが販売している「純正」の商品と、

それ以外のバンドの「サードパーティ」にわかれます。

純正は、Appleが販売しているだけあって、

品質が高く、信頼感があります。

ただ値段は若干高め。

一方で、サードパーティ製は、

いろんなメーカーから販売されているから、

選択肢が豊富なのがメリット。

純正を上回るデザインや素材のバンドがある一方で、

ピンきりなので、ハズレを掴んでしまう可能性もあります。

ライスパ

いろんなメーカーの、いろんなバンドを見て調べて、

判断してくださいね。


前置きが長くなりましたが、私のおすすめは次の3つの商品です。

シーン別に解説するので、是非参考にしてください。

アップルウォッチ ビジネスシーンでのおすすめバンド

ビジネス、フォーマルな場所で使いたいなら、

ステンレス製のバンドが一番です。

その中で、Evershopというメーカーのバンドはメリットたくさん!

ビジネスマンなら、平日普通に使えて、耐久性があるけど、2,000円台で購入可能。

Evershopのバンドの購入はこちら

メリット

  1. 加工技術がすごい
  2. ビジネスシーンで使用できる
  3. 劣化しない
ライスパ

今まで普通の腕時計をしていた方には、

馴染みやすい商品です。

職場で浮くことなく、活躍できるバンドです。

商品の詳細はこちら→Apple watchのステンレス製バンドは「Ever shop」で決まり!

アップルウォッチ スポーツシーンでのおすすめバンド

Nikeが作ったスポーツ用のバンドが、

「Nikeスポーツループ」です。

スポーツ時だけでなく、24時間付けていられう付け心地。

落ち着いた色を選べば、ビジネスでも普通に使えます。

→Nikeスポーツループの購入はこちら

メリット

  1. 運動時に着用できる
  2. すぐに洗うことができる
  3. 締め付け具合を選べる
  4. いろんなカラーを選べる
  5. 就寝時の装着も違和感なし
ライスパ

スポーツをする人や、

いつでも清潔に使い方には特にオススメ。

初めてバンドを購入する人にも、最適なバンドです!

詳細はこちら→【Nikeスポーツループのレビュー】アップルウォッチでスポーツするなら、これ!

アップルウォッチ オールマイティで使えるバンド

アトリエコデル apple watch

私が一番推しのバンドです。

ナイロンと栃木レザーという組合せで、とにかくデザインがおしゃれ。

利用シーンを選ばない優れモノのバンドです。

一度装着したら、他のバンドにできなくなります。

→アトリエコデルのバンドの購入はこちら

メリット

  1. とにかくオシャレ
  2. 24時間装着し続けられる、付け心地
  3. 利用シーンを選ばない
  4. 雨、水に強い
  5. コスパが良い
ライスパ

見た目のデザインを重視したい方には最適なバンドです。

デザインだけではなく、装着感も優れていて、

すべての面で高い評価のバンドとなります。

詳細はこちら→【atelierCODEL(アトリエコデル)apple watchバンド レビュー】迷ったらこれ!

アップルウォッチ バンドの外し方

ここで初心者が意外と知らない、アップルウォッチのバンドの外し方を紹介しておきます。

ライスパ

私も初めてApple Watchを購入した時は、取り外し方がわからなかった。

バンドの外し方は簡単です。

Apple Watchのバンドの外し方

  1. アップルウォッチのバンド・リリース・ボタンを押します。(画像を参照してね)
  2. バンドを横にスライドさせて外します。

注意点は、力で外さない事です。

取り外しが上手くいかない場合は、再度バンド・リリース・ボタンを押しましょう。

バンドの外し方は、たったこれだけです。

これで、色んなバンドに入れ替えることができますね。

アップルウォッチ バンドの選び方のまとめ

この記事では、Apple Watchのオススメのバンドを紹介してきました。

改めてまとめておくと、Apple Watchのバンドを選ぶポイントは2つです。

Apple Watchのバンドの選び方

  1. バンドの素材で選ぶか?
  2. Apple Watchの利用シチュエーションで選ぶか?

素材とシチュエーションをまとめたのが、この表でしたね。

素材
レザー

ステンレス


スポーツループ


ナイロン


スポーツバンド
ビジネス
フォーマル
おすすめ おすすめ イマイチ 普通イマイチ
プライベート おすすめ 普通 普通 おすすめ 普通
スポーツ 微妙 微妙 おすすめ 微妙 おすすめ
就寝無理無理 おすすめ 普通 おすすめ
デザイン性高い普通 イマイチ 普通 イマイチ
代表的な商品
(公式)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
ライスパ

購入する前に、「何を優先するか?」の優先順位を付けておくと、

購入する際に迷わなくてスムーズに購入ができますよ!

私のオススメするApple Watchのバンド

  1. ビジネスシーンでオススメ→Evershopのステンレス製バンド
  2. スポーツシーンでオススメ→Nikeスポーツループのスポーツ用バンド
  3. オールマイティで使用できるバンド→アトリエコデルのナイロン+栃木レザー製のバンド

この記事が、あなたのApple Watchのバンド選びの参考になれば嬉しいです。

私はこれからも色々とバンドを購入すると思うので、良いバンドがあれば随時紹介していきますね。

では、良いApple Watchライフを!

おしまい、ライスパでした。

あわせて読みたい
【airpods proのレビュー】通勤、会議、ビジネスでも使いやすくオススメです! この記事は、airpods pro(エアーポッズプロ)を購入しようか迷っている人に対し、背中を押す記事となっています。 なんでもっと早く買わなかったんだ・・・と後悔までし...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
クリックできる目次
閉じる