apple

「iPhone13 miniのレビュー」良かった5点、改善して欲しい2点

Pocket

この記事で解決できる悩み

・iphone13 miniの特徴

・iphone13 miniのメリット・デメリット

・iphone13 miniは、どのような商品か?

・iphone12 miniとは、何が違うの?

・iphone12 miniと比較すると、どこが優れているの?

わからない人

毎年iphoneが発売されるけど、何がどうなのか、

よくわからないよ~!

ライスパ

このような疑問を解決できる記事を書きました!

2021年9月に発売された「iphone13シリーズ」の

「miniサイズ」である、iphone13 miniについて紹介しています。

この記事では、iphone13 miniの特徴、メリットや

デメリットもしっかりお伝えするので、

iphone13miniを検討している人のお手伝いになれば幸いです。

では早速、iphone13 miniの製品情報からお伝えしていきますね!

ライスパ

iphone3GSから、iphoneを使い続けている実績から

記事を書いています。

ちなみにiphone12 miniからの機種変となります。

→iphone12 miniについては、こちら

iPhone13 miniとは?製品情報です。

iphone13miniは、2021年9月にAppleから発売になった

「ミニサイズ」のiphoneとなります。

「この13miniがラスト」との噂もあります。

主な製品の仕様は、このようになっています。

大きさ5.4インチ
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
解像度 2340×1080px 476ppi
サイズ高さ131.5mm×幅64.2mm×厚さ7.65mm
重さ140グラム
容量3種類(128GB 、256GB、512GB)
カメラデュアルレンズ(広角、超広角)
ビデオシネマティックモード対応
バッテリー容量2,406mAh
(ビデオ再生、最大17時間程度)
カラー5色
SoCA15 Bionic
認証方法FACE ID
防水性能IP68等級
価格86,800円(税込)
ライスパ

動画やSNSの使用であれば、

十分すぎるスペックです!

Apple公式サイト

「iphone13mini」と「iPhone 12 mini」の比較

多くの方が気になる「iphone12 mini」との比較をしてみました。

主要機能の比較は、このようになります。(注目点は、赤字にしています。)

タイプiphone12 miniiphone13 mini
ストレージ容量64GB、128GB、256GB128GB、256GB、512GB
画面サイズ5.4インチ 5.4インチ
解像度2340×1080 2340×1080
SoCA14 Bionic A15 Bionic
カメラ画素数1200万画素 1200万画素
認証方法Face ID Face ID
バッテリー容量ビデオ再生最大15時間ビデオ再生、最大17時間
サイズ131.5mm×64.2mm×7.45mm 131.5mm×64.2mm×7.65mm
重さ133グラム140グラム
価格69,800円86,800円

主な変更点

  1. 最新のチップに変更。動作がよりサクサク。
  2. バッテリー容量が、約1.5~2時間のびた
  3. 0.2mm厚くなり、7グラム重くなりました
  4. 価格差は、17,000円
ライスパ

大きな違いを感じるのは、

「バッテリー容量」

このバッテリー容量も含めて、

「iphone12 mini」から変更して感じた事を紹介します。

iphone12miniから機種変した、私の感想

私は、iphone12 miniを1年間愛用してきました。

この端末は、サイズ感を含め非常に気に入っていたので、

iphone13 miniが発表されても、変更する気はありませんでした。

実際、こんな事↓をツイッターに投稿してました。

疑問な人

じゃあ、なんで機種変更したの?

ライスパ

変更した理由は「バッテリー」。

消費ペースが早くなったから変更しました。

1年間、仕事・副業の時間以外は、

ほぼスマホを触る生活をしていました。

(ランニング中もスマホで距離やペースを計測、ドラクエウォークで遊んだりとフル回転。)

さすがにバッテリーの減りが早くなりました。

ライスパ

1年後のiphone14まで、バッテリーがもつか不安。

50%下回ると不安。

このバッテリー問題を解消する為に、最新機種に変更した理由です。

iphone12 miniからの変更で、

バッテリー容量が1.5~2時間伸びたのもポイントの一つでした。

毎日使うスマホだから、「不安がある状態で使い続けるのは嫌」

機種変更でお金がかかっても、後悔はない。

ちなみに、バッテリー以外で大きな変更点は特に感じていません。

ただ、小さいサイズは「やっぱりいいな」と思います。

iPhone13 miniにして良かった点・メリット

良かった点

  1. バッテリー容量が、1.5時間増えた
  2. コンパクトなサイズ感
  3. シネマティックモード付きのカメラ性能
  4. 性能に比べ、コストが安い
  5. Appleで最後の「miniサイズ」かもしれない

iPhone13 miniにして良かった点①:バッテリー容量が、1.5時間増えた

何度も書いている通り、iphone13 miniから、

バッテリー容量が1.5~2時間伸びました。

「miniシリーズ」は端末が小さい分、

バッテリーサイズも小さく、稼働時間が短いのが課題でした

ライスパ

この稼働時間が解消されました。

この1.5~2時間の差は本当に大きい!

朝100%であれば、夕方までは余裕で持つようになっています。

iPhone13 miniにして良かった点②:コンパクトなサイズ感

iphone13 miniは、前シリーズの「ミニサイズ」同様に、

5.4インチのコンパクトなサイズとなります。

ただし、「ミニ」は欧米人には不評なので、存続が危ぶまれています・・・

ライスパ

日本人の小さい手には、ちょうどいいと思うんですが・・・

個人的には、このサイズ感が、非常に気に入っています。

なぜなら、片手で操作ができるからです。

例えば、通勤でつり革捕まりながらでも、問題なく操作できたりするし。

とにかく、コンパクトなサイズ感は、持ちやすく気にいると思います。

iPhone13 miniにして良かった点③:シネマティックモード付きのカメラ性能

iphone13シリーズから、「シネマティックモード」というカメラ機能が追加となりました。

シネマティックモードとは?

1つ被写体から、別の被写体にフォーカスを切り替える「フォーカス送り」というテクニックです。

上の画像で説明すると、

手前の男性のピントから、自然に奥の女性にピントが移動する、ということです。

→シネマティックモードも詳細は、こちらをご覧ください。

ライスパ

デジカメや一眼レフでしかできなかった事が、

スマホで実現できるようになりました!

iPhone13 miniにして良かった点④:性能に比べ、コストが安い

iphone13 miniは、128GBで86,800円(税込)から購入が可能です。

(Appleの下取りを活用すれば、もう少し安く購入ができます。)

スマホは365日使うものなので、

日割り計算をすると、1日あたり237円です

→86,800円÷365日=237円

最新のスペックのスマホが、1日あたり237円と考えれば、安いでしょ!?

ライスパ

コンビニでの無駄遣いや、

カフェ代を我慢するだけです。

iPhone13 miniにして良かった点⑤:Appleで最後の「miniサイズ」かもしれない

このiphone13シリーズで「ミニ」は最後かもしれません。

欧米人の手には小さすぎ、アジアでも思ったより流行っていません。

大きいサイズに慣れてしまうと、小さいサイズには戻れないみたいです。

とはいえ、私の周囲で「ミニ」を使っている人は、全員このサイズ感に満足しています。

ライスパ

iphone14でも継続して欲しいけど、微妙かも。

というように、このiphone13でラストになってしまうかもしれないと考えれば、

今のうちに「ミニ」を使った方いい、と判断して購入しています。


この5つの点が、私が実際に使って感じた良かった点・メリットになります。

ぜひ参考にしてみてください。

iPhone13 miniに改善して欲しい点・デメリット

私が改善して欲しいと思うのは、この2点です。

ipad mini6は実現しているので、ぜひiphoneでも対応して欲しい事です。

改善してほしい点

  1. 指紋認証ではない
  2. Lightningケーブルではなく、USB type-Cへ

iPhone13 miniに改善して欲しい点①:指紋認証ではない

iphone12から、認証方法が「FACE ID」になりました。

しかし、コロナウイルス感染症により、マスクが当たり前の生活となりました。

困った人

マスクしてると、FACE IDが面倒くさい。

指紋認証を望む声が多かったはずですが、

iphone13は、「FACE IDから変更なし」。

ライスパ

同じタイミングで発表された「ipad mini6」では

指紋認証に対応したから、

iphone13でも対応して欲しかった・・・。

「FACE ID」は、Apple watchが認証されていれば、

FACE IDじゃなくてもロックを解除できるようになりました。

→Apple watchを使った解除方法

とはいえ、改善して欲しかったです。

iPhone13 miniに改善して欲しい点②:USB type-cに対応して・・・

iPhoneは、Lightningケーブル
USB-typeCに変更して・・・。

iPhoneの接続端子は、「Lightningケーブル」となります。

Mac、ipadでは最近のデバイスは「USB type-C」に変更されています。

iphoneだけなぜか、最新デバイスの中で唯一「Lightningケーブル」

ライスパ

モバイルバッテリーやスピーカーなど、

他デバイスとの汎用性が低いんです。

iphone14では、ぜひ変更してください。


私がiphone13で気になったり、改善して欲しいのは、この2点です。

とはいえ、十分に満足しているので、次回作では期待したいと思います。

iphone13miniではなく、iphone PROをおすすめする人

iphohe13 miniではなく、PROを選ぶべき人をまとめました。

iphone PROを選ぶべき人

  • 最新のスペックのスマホを持ちたい人
  • 望遠機能のカメラが欲しい人
  • バッテリー稼働時間が長いスマホが欲しい人
  • 動画やデータを多く扱い、1TBの容量が必要な人
  • LiDAR機能でAR空間を楽しみたい人

YouTubeやNetflixのような動画鑑賞や、

SNS(Twitter、Instagram)だけの利用の方には、

もったいないので、通常かミニサイズのiphoneを選びましょう!

ライスパ

iphone13Proは、122,800円(税込)~。

使い方を考えて購入しましょう!

iPhone 13miniではなく、iphone12 miniをおすすめする人

iphone12 miniを選ぶべき人

  • 動作は普通に動けば、問題ない人
  • バッテリー容量は、気にならない人
  • 安く小さいスマホを手に入れたい人

この3点に該当する人は、iphone12 miniで十分です!

あらためて、iphone12 miniからの変更点はこちらです。

iphone12 miniからの変更点(再掲)

  1. 最新のチップに変更。動作がよりサクサク。
  2. バッテリー容量が、約1.5~2時間のびた
  3. 0.2mm厚くなり、7グラム重くなりました
  4. 価格差は、17,000円
ライスパ

ほぼ変わらない性能で、17,000円安いなら

iphone12 miniもオススメです。


ぜひご自身のスマホの使い方にあった端末を選ぶようにしましょう!

iphone13 miniの、おすすめケースとフィルム

ここからは、iphone13 miniと一緒に使って欲しい

オプション商品を紹介します。

iphone13におすすめのケース:とにかく薄いフロストエア

1つ目は、iphoneケースです。

CASEFINITEの「フロストエア」です。

フロストエアは、多くのガジェットブロガーやYouTuberがおすすめしてます。

半信半疑で購入しましたが、購入して大正解でした!!

フロストエアの5つのメリット

  • iphoneのデザインを活かす、半透明さ
  • ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  • たった8グラムで、軽すぎる重さ
  • 高そうだけど、2,000円台の価格
  • マグサーフが使えて、充電が便利

iphoneミニサイズのメリットは、小さい事。

この小ささを最大限活かせるケースです!

→購入はこちらから

ライスパ

iphoneのケース選びから、解放されました!

しばらくフロストエアに決めました!

CASEFINITEの公式ホームページ

私が購入する際に検討した、私がよく見るガジェットYouTuberの方の動画です。

私も

">記事を書いたので、ご覧ください。

iphone13におすすめのフィルム:Spigen EZ Fit ガラスフィルム

iphoneの表面のガラスは年々強化されているとはいえ、

割れてしまうのは防ぎたいですよね。

そんなときは、Spigenのガラスフィルムがおすすめです。

Spigenガラスフィルムの3つのメリット

  • 硬度9Hと非常に硬く、鋭利なモノにも強い
  • 表面は滑らかで、鮮明な画面をキープする
  • 簡単貼り付けキットがあるから、張りミスがない

あと地味に嬉しいのが、2枚入り。

定価は2,500円ですが、Amazonでは1,600円前後で購入が可能です。

→購入はこちらから

ライスパ

iphoneミニサイズのメリットは、小さい事。

この小ささを最大限活かせるケースです!

Spigen公式ホームページ

iphone13 miniのまとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事では、iphone13 miniの特徴やメリット・デメリットを解説してきました。

最後にiphone13 miniについて、まとめておきましょう!

良かった(メリット)5点

  1. バッテリー容量が、1.5時間増えた
  2. コンパクトなサイズ感
  3. シネマティックモード付きのカメラ性能
  4. 性能に比べ、コストが安い
  5. Appleで最後の「miniサイズ」かもしれない

改善してほしい(デメリット)2点

  1. 指紋認証ではない
  2. Lightningケーブルではなく、USB type-Cへ

このようなメリットがある「iphone13 mini」だから、

あなたが納得がいく将来&未来が手に入りますよ!

バッテリー容量が大きい、小型スマホが欲しいなら

「iphone13 mini」以外の選択はありません。

ぜひiphone13 miniを購入して、「楽しい毎日」を手に入れましょう!

最後まで読んでありがとうございます。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

ではまた、ライスパでした。

ライスパ

Apple関連の記事も複数書いているので、

ぜひご覧ください!!

ABOUT ME
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、ビジネススキル/西武ライオンズ/プロレス/読書/ランニング/文房具/手帳/ゲーム/マンガ/小説/海外ドラマ/筋トレ/器/建築だよ。 好きな言葉:継続は力なり。
dマガジンなら400円で雑誌を読み放題!

Pocket



「まだ雑誌買ってる?」

雑誌読み放題のdマガジンを活用すれば、主要雑誌を読むことができます。

dマガジンのメリットは、この3つです!

  1. 月額400円と雑誌一冊分
  2. 450誌の雑誌が読める(増刊号とかも読める)
  3. 5つのデバイスで読める

ドコモが運営しているサービスだから安心です。

月額400円だから、雑誌1冊分の金額でたくさん読めるのは嬉しいですね。

 

初月31日間は無料なので、まずはトライアルで試してみて、

良かったら継続するのが良いかと思います。

登録はこちら

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!