apple

【フロストエアのレビュー】薄いケースの定番。iphone13 miniにおすすめ。

Pocket

たった8グラムの「薄くて軽い」iPhoneケースの決定版!

iPhone miniサイズを購入した人には、特に読んで欲しい記事です。

なぜなら、iPhone miniサイズの特徴を

最大限に活かせるケースだからです。

せっかく小さいサイズのiPhoneなのに、

分厚いケースを付けたら、台無しですよね。

というわけで、薄くて軽く、ほぼケースを付けていないと錯覚する

「フロストエア」のケースを紹介していきます。

この記事をおすすめする人

・iPhone miniサイズを持っている人

・薄くて軽いケースを探している

・iphoneのリンゴマークを見たい人

・シンプルなデザインのケースを探している人

・ミニマルなケースを使いたい人

一つでも該当したら、読む価値がある記事となります。

まずは、フロストエアの特徴から説明していきますね。

フロストエアの特徴

フロストエアは、CASEFINITEが発売する「iphoneケース」です。

会社のミッションは、「創る、シンプルに」。

この言葉通り、無駄を削ぎ落とし、シンプルを研ぎ澄ませた結果生まれたケースとなります。

重さは8グラムで、非常に軽く薄いケースです。

ケースも半透明だから、iphoneのデザインを最大限活かせています。

ケースを装着してても、リンゴマークが見えるのは、本当にオシャレです。

このクオリティのケースが2,000円台で購入が可能となっています。

→購入はこちらから

フロストエアの商品詳細

ブランドCASEFINITE
薄さ0.8mm以下
重さ8グラム
カラーバリエーション2色(スモークブラック、アイスホワイト)
素材ポリプロピレン
価格2,749円(税込)

CASEFINITEのHPでは、「ほぼ裸」と表現されています。

(※iphoneをケースを付けない人を、「裸族」と呼ぶので、裸としているのかと思います。)

ライスパ

実際フロストエアを装着して、

iphoneを手にすると「ほぼ裸」が実感できます。

付けてないと錯覚するほどです。

→購入はこちらから

フロストエアの5つのメリット

ここからは、フロストエアを実際使って感じた「メリットを5つ」紹介します。

メリット5つ

  1. iphoneのデザインを活かす半透明さ
  2. ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  3. たった8グラムで軽すぎる重量
  4. 高そうだけど、2,000円台で購入可能
  5. マグサーフが使え、充電が便利

では一つずつ紹介していきますね。

フロストエアのメリット①:iPhoneのデザインを活かす半透明さ

多くのケースは、iPhone本体にケースを装着すると、

アップルのりんごマークが隠れてしまいますね。

しかし、フロストエアのケースであれば、ケースを装着しても

アップルのりんごマークは、見れます!

これを実現しているのが、ケースの半透明さ。

ライスパ

iPhoneのデザインが活かせます!

フロストエアのメリット②:ケースを付けていないと錯覚する薄さ

フロストエアのケースは本当に薄いです。

なぜなら、厚さは0.8mm以下となるからです。

以前私はアップル純正のケースを装着してました。

当時は純正ケースでも充分に薄くて満足してましたが、

圧倒的にこのフロストエアの方が薄いです。

ライスパ

iphone miniサイズの場合は、

小ささを最大限に活かせます!

フロストエアのメリット③:たった8グラムで軽すぎる重量

iPhone本体がminiサイズでも、

ケースを付けて重くなったら意味ないですよね。

フロストエアの重量は、たったの8グラム。

1円玉8枚分の重さしかありません。

iPhone miniサイズは小さくて、軽いのがメリット。

このメリットを活かせる重さです。

ライスパ

iphone13 miniは140グラム。

フロストエアと合わせても148グラム。

軽いは正義です!

フロストエアのメリット④:高そうだけど、2,000円台の価格

iPhone本体に8万円近く費用がかかり、

さらにケースでも出費となると痛いですよね。

しかし、フロストエアは2,000円台で購入が可能です!

定価は2,749円(税込)ですが、Amazonなど通販サイトでは、もう少し安く購入できます。

フロストエアは、ただ安いだけでなく、

薄くて軽くて、デザインを活かせるケース。

ライスパ

安いだけのケースとは異なるので、

損はしないです。

フロストエアのメリット⑤:マグサーフが使えて、充電が便利

フロストエアは、薄いからMag safe(マグサーフ)での充電が可能です。

この画像は、CASEFINITEのInstagramですが、

しっかりMag safeがくっついてますね。

公式Instagramより

フロストエアのケースには、磁石が付いません。

あくまでiphone本体の磁力で、くっつけます。

マグサーフ対応の磁石が付いているケースと、

比較すれば弱いです。

とはいえ、マグサーフに対応してないのに、

実質的に「マグサーフに対応している」のは、メリットですよね!

ライスパ

Mag safe対応のスマホリングは厳しいと思います。

ただ、固定した状態での充電は問題ありません。

フロストエアの2つのデメリット

先程まではメリットを紹介してきましたが、

ここでは、とはいえちょっと気になる事を2つだけ紹介します。

デメリット2つ

  1. 薄いから、落とした時が不安
  2. 1年使うと、ケースが割れというTwitterを見る

フロストエアのデメリット①:薄いから、落とした時が不安

何度も書いている通り、

フロストエアは軽くて、薄いケースです。

公式ホームページには、

「抜群な強度が、、、」と記載あります。

とはいえ、落下した時を心配しちゃいますよね。

私も心配してました。

しかし、大丈夫だと判断しました。

大丈夫と判断した理由

  1. iphone本体を落としたとしても、一年で数回だけ
  2. iPhone本体が、頑丈になってる

こんな理由から、薄くてもフロストエアを使う事にしました。

ライスパ

あとは、公式ホームページの『抜群な強度』を信じました。

それでも強度が心配な方は、

フロストエアの強度を強くした(厚みは増しました)

フロストエアプロという頑丈なケースがあるので、

そちらがおすすめです!

フロストエアのデメリット②:1年使うと、ケースが割れるというTwitterをみかける

困っている人

フロストエアは、割れやすいの?

私が見かけたTwitterは、この2つです。

フロストエアは、薄くて軽いのが特徴だから、

耐久性が不安を心配してしまいます。

1年使うと、ゆるくなったり、不具合が出るみたいです。

ただ約2,000円台のケースで1年持てば充分。

1年後に新端末で切り替えから、1年持てばいいかな。

と判断しました。

ライスパ

これが1万円のケースとかなら話は別!

でも2,000円台だいだから、問題ありません。


このように気になる点もありますが、

そこまで大きな問題ではないかなと、思います。

フロストエアの薄さを優先するか、耐久性を優先するかは、

ご自身のスマホの使い方を含め、判断してくださいね。

私が実際の使用した感想・レビュー

ライスパ

ケース付けてないみたい!すげー!

これが、私が初めてフロストエアを装着して、スマホを持った時の感想です。

まるでケースを付けていないような錯覚を持ちました。

ちなみに、今回が初めてのフロストエアとなります。

デザインが良いのは、

複数のYouTubeで見ていたので心配してませんでしたが、

ケースの触り心地は、どんなものか不安でした。

結果的には、心配は無用でした。

ケースは、サラサラしていて持ちやすく、

感動したのが、電源や音量のボタンに、ケースがピッタリはまった事。

これによりデコボコは全く感じず、スムーズな持ち心地になっています。

つまり、「デザインの良さ+薄い持ち心地」が実現されており、

最高のケースとなりました。

ライスパ

iphone14のケースも、

フロストエアにしようと思っています!

フロストエアと純正ケースの比較

iphone12miniの時は、Apple純正クリアケースを使用していました。

iPhone12 miniの時に、

Apple純正のケースを装着してた経験から

フロストエアとの比較を紹介します。

商品名Apple純正クリアケースフロストエア
デザイン良い非常に良
重量25グラム8グラム
薄さ厚い極薄
耐久性非常に良い普通
マグサーフ対応対応未対応
(磁力は弱いが使えるレベル)
価格6,050円(税込)2,999円
詳細詳細を見る詳細を見る
ライスパ

耐久性とAppleを選ぶなら、純正ケース

薄さと軽さで選ぶなら、フロストエア!

それぞれのケースでおすすめする人をまとめました。

Apple純正ケースをおすすめする人

  1. Appleブランドの商品を使いたい人
  2. 耐久性を重視したい人
  3. マグサーフ対応のケースを使いたい人
  4. ケースに5~6,000円の費用を掛けられる人

1年使用してもケースが黄ばみもせず、落としても頑丈なので、耐久性はあります。

一方で、厚みと重さはあり、高めの価格に問題がない人。

→購入はこちらから。

フロストエアをおすすめするのは、これに該当する人。

フロストエアをおすすめする人

  1. 耐久性より、日常生活での使いやすさ「薄さと軽さ」を重視したい人
  2. マグサーフをほとんど使わない人
  3. ケースにそこまでお金を掛けたくない人

耐久性に多少の不安はあっても、

iphone miniサイズの特徴である「ミニ」を最大限活かしたい人向けです。

どちらがいいかは、ご自身のスマホの使い方と価値観により異なるので、

よく考えてから、判断してくださいね。

フロストエアの評判

TwitterとInstagramから、フロストエアの画像や評判を集めてみました。

フロストエアにしたら戻れないに、共感!
かっこいいですね。
https://twitter.com/korofuku_blog/status/1451086216351256583

フィット感に驚きますよね!

落とし方によっては破損ですかね・・・。そういう事もあります。

iphoneは落とさないようにしましょう!!

フロストエアのよくある質問

フロストエアの質問①:表面が滑ると聞いたけど?

「フロストエアが滑る」という声があります。

ただ、私の感想は「滑らない」です。

なぜなら一つ前に使用していたApple純正の方が「滑った」からです。

とはいえ、フロストエアのユーザーから「滑る」

という声があるのは事実なので、

ある程度滑ることを想定した方がいいかもしれません。

滑るのが嫌なら、スマホリングを使いましょう!

フロストエアの質問②:薄いけど、衝撃は大丈夫???

フロストエアの特徴は「薄くて軽い」。

そうなると心配なのは、「衝撃」ですよね。

ただ私は特に問題はないかと考えています。

衝撃が大丈夫t判断する理由

  • 薄くても、最低限の衝撃は吸収してくれる
  • iPhone本体自体の強度が向上している

それでも衝撃が心配な方は、

フロストエアより強度が高い「フロストプロ」を利用しましょう。

厚さと重さは増えますが、「衝撃には強くなります」。

→フロストプロの購入はこちら

フロストエアの質問③:ガラスフィルムは、あったほうがいい?

フロストエアだけでは、iphoneの表面はカバーできません。

だから、ガラスフィルムは必須かと思います。

フロストエアユーザーの多くも、ガラスフィルムは装着しています。

私はSpigen(スピゲン)のフィルムを装着しています。

このSpigenのガラスフィルムは、

強度がしっかりしている他に、

貼りミスをなくす装置が付いていて、2枚セットだから、お得です。

→Spigenのガラスフィルムはこちら

フロストエアの質問④:ガラスフィルムを付けても、フロストエアは装着できる?

ガラスフィルムを付けても、フロストエアに装着できるか不安ですよね。

答えは、安心してください「装着できます」

先程紹介した通り、私は

「ガラスフィルム」+「フロストエア」の組み合わせをしています。

フロストエアの他の利用者の記事やYouTubeを見ても、

ガラスフィルムは装着している人がほとんどです。

だから、ガラスフィルムは装着でき、必須アイテムといえます。

フロストエアのまとめ

この記事では、フロストエアの特徴・メリットだけでなく、デメリットも含めて紹介してきました。

改めてまとめておきますね。

メリット5つ

  1. iphoneのデザインを活かす半透明さ
  2. ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  3. たった8グラムで軽すぎる重量
  4. 高そうだけど、2,000円台で購入可能
  5. マグサーフが使え、充電が便利

デメリット2つ

  1. 薄いから、落とした時が不安
  2. 1年使うと、ケースが割れというTwitterを見る

フロストエアをおすすめする人

  1. 耐久性より、日常生活での使いやすさ「薄さと軽さ」を重視したい人
  2. マグサーフをほとんど使わない人
  3. ケースにそこまでお金を掛けたくない人

耐久性に多少の不安はあっても、

iphone miniサイズの特徴である「ミニ」を最大限活かしたい人向けです。

iphoneケースは、「素材、使い方、価格」など

選択肢が本当にたくさんあるので、

ぜひご自身で色々調べて納得がいくケースを選んでください。

ライスパ

その中で、この記事が参考になって、

フロストエアを使ってくれることを期待しています。

なぜなら、この最高のケースを、みなさんに知ってもらい使って欲しいと思うからです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。ライスパでした。

他にもAppleやiphoneに関する記事も書いているので、

ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、ビジネススキル/西武ライオンズ/プロレス/読書/ランニング/文房具/手帳/ゲーム/マンガ/小説/海外ドラマ/筋トレ/器/建築だよ。 好きな言葉:継続は力なり。
dマガジンなら400円で雑誌を読み放題!

Pocket



「まだ雑誌買ってる?」

雑誌読み放題のdマガジンを活用すれば、主要雑誌を読むことができます。

dマガジンのメリットは、この3つです!

  1. 月額400円と雑誌一冊分
  2. 450誌の雑誌が読める(増刊号とかも読める)
  3. 5つのデバイスで読める

ドコモが運営しているサービスだから安心です。

月額400円だから、雑誌1冊分の金額でたくさん読めるのは嬉しいですね。

 

初月31日間は無料なので、まずはトライアルで試してみて、

良かったら継続するのが良いかと思います。

登録はこちら

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!