まずここからSTART★詳細はこちら★

【フロストエアのレビュー】薄いケースの定番「iPhone13 miniにおすすめ」

  • URLをコピーしました!

たった8グラムの「薄くて軽い」iPhoneケースの決定版!

iPhone miniサイズを購入した人には、特に読んで欲しい記事です。

この記事をおすすめする人
  • iPhone miniサイズを持っている人
  • 薄くて軽いケースを探している
  • iPhoneのリンゴマークを見たい人
  • シンプルなデザインのケースを探している人
  • ミニマルなケースを使いたい人

一つでも該当したら、読む価値がある記事となります。

なぜなら、iPhone miniサイズの特徴を最大限に活かせるケースだからです。

せっかく小さいサイズのiPhoneなのに、分厚いケースを付けたら、台無しですよね。

というわけで、薄くて軽く、ほぼケースを付けていないと錯覚する「フロストエア」のケースを紹介していきます。

メリット
デメリット
  • iphoneのデザインを活かす半透明さ
  • ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  • たった8グラムで軽すぎる重量
  • 高そうだけど、2,000円台で購入可能
  • マグサーフが使え、充電が便利
  • 薄いから、落とした時が不安
  • 1年使うと、ケースが割れというTwitterを見る

iPad mini6用のFrost Air用の記事も書いたので、ご確認ください。

クリックできる目次

THE FROST AIR(フロストエア)の特徴

フロストエアは、CASEFINITEが発売する「iphoneケース」です。

会社のミッションは、「創る、シンプルに」。この言葉通り、無駄を削ぎ落とし、シンプルを研ぎ澄ませた結果生まれたケースとなります。

重さは8グラムで、非常に軽く薄いケースです。ケースも半透明だから、iphoneのデザインを最大限活かせています。

ケースを装着してても、リンゴマークが見えるのは、本当にオシャレです。

このクオリティのケースが2,000円台で購入が可能となっています。

→購入はこちらから

THE FROST AIR(フロストエア)の商品詳細

ブランドCASEFINITE
薄さ0.8mm以下
重さ8グラム
カラーバリエーション2色(スモークブラック、アイスホワイト)
素材ポリプロピレン
価格2,749円(税込)

CASEFINITEのHPでは、「ほぼ裸」と表現されています。

(※iphoneをケースを付けない人を、「裸族」と呼ぶので、裸としているのかと思います。)

ライスパ

実際フロストエアを装着して、iphoneを手にすると「ほぼ裸」が実感できます。付けてないと錯覚するほどです。

→フロストエアの購入はこちらから

THE FROST AIR(フロストエア)のメリット・デメリット

ここからは、フロストエアを実際使って感じた「メリット」「デメリット」を紹介します。

一覧にするとこんな感じです。

メリット
デメリット
  • iphoneのデザインを活かす半透明さ
  • ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  • たった8グラムで軽すぎる重量
  • 高そうだけど、2,000円台で購入可能
  • マグサーフが使え、充電が便利
  • 薄いから、落とした時が不安
  • 1年使うと、ケースが割れというTwitterを見る

というわけで、まずはメリットから紹介していきます。

メリット①:iPhoneのデザインを活かす半透明さ

多くのケースは、iPhone本体にケースを装着すると、アップルのりんごマークが隠れてしまいますね。

しかし、フロストエアのケースであれば、ケースを装着しても「りんごマーク」は、見れます!

これを実現しているのが、ケースの半透明さ。

ライスパ

iPhoneのデザインが活かせます!

メリット②:ケースを付けていないと錯覚する薄さ

フロストエアのケースは本当に薄いです。厚さは0.8mm以下となります。

以前私はアップル純正のケースを装着してました。

当時は純正ケースでも充分に薄くて満足してましたが、圧倒的にこのフロストエアの方が薄いです。

ライスパ

iPhone miniサイズの場合は、小ささを最大限に活かせます!

メリット③:たった8グラムで軽すぎる重量

iPhone本体がminiサイズでも、ケースを付けて重くなったら意味ないですよね。

フロストエアの重量は、たったの8グラム。1円玉8枚分の重さしかありません。

iPhone miniサイズは小さくて、軽いのがメリット。このメリットを活かせる重さです。

ライスパ

iphone13 miniは140グラム。フロストエアと合わせても148グラム。軽いは正義です!

メリット④:高そうだけど、2,000円台の価格

iPhone本体に8万円近く費用がかかり、さらにケースでも出費となると痛いですよね。

しかし、フロストエアは2,000円台で購入が可能です!

定価は2,749円(税込)ですが、Amazonなど通販サイトでは、もう少し安く購入できます。フロストエアは、ただ安いだけでなく、薄くて軽くて、デザインを活かせるケース。

ライスパ

安いだけのケースとは異なるので、損はしないです。

メリット⑤:マグサーフが使えて、充電が便利

フロストエアは、薄いからMag safe(マグサーフ)での充電が可能です。

この画像は、CASEFINITEのInstagramですが、しっかりMag safeがくっついてますね。

公式Instagramより

フロストエアのケースには、磁石がついていません。あくまでiphone本体の磁力で、くっつけます。

マグサーフ対応の磁石が付いているケースと、比較すれば弱いです。

とはいえ、マグサーフに対応してないのに、実質的に「マグサーフに対応している」のは、メリットですよね!

ライスパ

Mag safe対応のスマホリングは厳しいと思います。ただ、固定した状態での充電は問題ありません。


先程まではメリットを紹介してきましたが、ここでは、とはいえちょっと気になる事を2つだけ紹介します。

デメリット①:薄いから、落とした時が不安

何度も書いている通り、フロストエアは軽くて、薄いケースです。

公式ホームページには、「抜群な強度が、、、」と記載あります。

とはいえ、落下した時を心配しちゃいますよね。私も心配してました。しかし、大丈夫だと判断しました。

大丈夫と判断した理由
  1. iPhone本体を落としたとしても、一年で数回だけ
  2. iPhone本体が、頑丈になってる

こんな理由から、薄くてもフロストエアを使う事にしました。

ライスパ

あとは、公式ホームページの『抜群な強度』を信じました。

2022年春、より強度が増した「THE FROST AIR ULTRA」が発売となりました。

若干ケースが「厚くなり、重量も増しました」。しかし、強度が増し、今まで以上に耐久性が安定しています。

別メーカーですが、カタリストのinfluence(influence)という「薄くて耐久性があるケース」で評判があるケースもあるので、こちらもご検討ください。詳細は↓↓から確認してね。

デメリット②:1年使うと、ケースが割れるというTwitterをみかける

困った人

フロストエアは、割れやすいの?

私が見かけたTwitterは、この2つです。

https://twitter.com/zerotogoal0_5/status/1457005412947877897

フロストエアは、薄くて軽いのが特徴だから、耐久性が不安を心配してしまいます。1年使うと、ゆるくなったり、不具合が出るみたいです。

ただ約2,000円台のケースで1年持てば充分。1年後に新端末で切り替えから、1年持てばいいかな。

と判断しました。

ライスパ

これが1万円のケースとかなら話は別!でも2,000円台だいだから、問題ありません。

ちなみに、下記画像は10ヶ月経過後を撮影した画像になります。

まったく品質には問題ありません

このように、黄ばみも耐久性も特に問題ありませんでした。


フロストエアの薄さを優先するか、耐久性を優先するかは、ご自身のスマホの使い方を含め、判断してくださいね。

THE FROST AIR(フロストエア)を、実際に使用した感想・レビュー

ライスパ

ケース付けてないみたい!すげー!

これが、私が初めてフロストエアを装着して、スマホを持った時の感想です。

まるでケースを付けていないような錯覚を持ちました。ちなみに、今回が初めてのフロストエアとなります。

デザインが良いのは、複数のYouTubeで見ていたので心配してませんでしたが、ケースの触り心地は、どんなものか不安でした。

結果的には、心配は無用でした。ケースは、サラサラしていて持ちやすく、感動したのが、電源や音量のボタンに、ケースがピッタリはまった事。

これによりデコボコは全く感じず、スムーズな持ち心地になっています。

「デザインが良さ+薄い持ち心地」が実現されていて、最高のケースになりました。

ライスパ

iPhone14のケースも、フロストエアにしようと思っています!

→フロストエアの購入はこちらから

THE FROST AIR(フロストエア)と純正ケースの比較

iphone12miniの時は、Apple純正クリアケースを使用していました。

iPhone12 miniの時に、Apple純正のケースを装着してた経験から「フロストエア」との比較を紹介します。

商品名Apple純正クリアケースフロストエア
デザイン良い非常に良
重量25グラム8グラム
薄さ厚い極薄
耐久性非常に良い普通
マグサーフ対応対応未対応
(磁力は弱いが使えるレベル)
価格6,050円(税込)2,999円
詳細詳細を見る詳細を見る
ライスパ

耐久性とAppleを選ぶなら、純正ケース薄さと軽さで選ぶなら、フロストエア!

それぞれのケースでおすすめする人をまとめました。

Apple純正ケースをおすすめする人

先程の比較から、「Apple純正ケース」をおすすめする人は、こちらです。

Apple純正ケース
  • Appleブランドの商品を使いたい人
  • 耐久性を重視したい人
  • マグサーフ対応のケースを使いたい人
  • ケースに5~6,000円の費用を掛けられる人

→購入はこちらから。

THE FROST AIR(フロストエア)をおすすめする人

次に、フロストエアをおすすめするのは、これに該当する人。

フロストエア
  • 「薄さと軽さ」を重視したい人
  • マグサーフをほとんど使わない人
  • ケースにそこまでお金を掛けたくない人
  • iPhoneのリンゴマークを見たい、見せたい人

どちらがいいかは、ご自身のスマホの使い方と価値観により異なるので、よく考えてから、判断してくださいね。

ライスパ

純正もフロストエアもどちらも素敵なのは間違いありません

THE FROST AIR(フロストエア)の評判

TwitterとInstagramから、フロストエアの画像や評判を集めてみました。

フロストエアにしたら戻れないに、共感!
かっこいいですね。
落とし方によっては破損ですかね・・・。そういう事もあります。
ホワイトも素敵
防御力皆無!本質ついてます。

多くの方が言っている通り、「デザイン」「薄さ」「軽さ」の評判は良いです。一方で、やはり落下時の不安をつぶやいている人も多くいました。

iPhoneは落とさないようにしましょう!!

THE FROST AIR(フロストエア)のよくある質問

質問①:表面が滑ると聞いたけど?

「フロストエアが滑る」という声があります。

ただ、私の感想は「滑らない」です。

なぜなら一つ前に使用していたApple純正の方が「滑った」からです。

とはいえ、フロストエアのユーザーから「滑る」という声があるのは事実なので、ある程度滑ることを想定した方がいいかもしれません。

滑るのが嫌なら、スマホリングを使いましょう!

質問②:薄いけど、衝撃は大丈夫???

フロストエアの特徴は「薄くて軽い」。そうなると心配なのは、「衝撃」ですよね。

ただ私は特に問題はないかと考えています。

大丈夫な理由
  • 薄くても、最低限の衝撃は吸収してくれる
  • iPhone本体自体の強度が向上している

それでも衝撃が心配な方は、フロストエアより強度が高い「フロストエアウルトラ」を利用しましょう。

厚さと重さは増えますが、「衝撃には強くなります」。

質問③:ガラスフィルムは、あったほうがいい?

フロストエアだけでは、iphoneの表面はカバーできません。

だから、ガラスフィルムは必須かと思います。

フロストエアユーザーの多くも、ガラスフィルムは装着しています。

私はSpigen(スピゲン)のフィルムを装着しています。

このSpigenのガラスフィルムは、強度がしっかりしている他に、貼りミスをなくす装置が付いていて、2枚セットだから、お得です。

→Spigenのガラスフィルムはこちら

質問④:ガラスフィルムを付けても、フロストエアは装着できる?

ガラスフィルムを付けても、フロストエアに装着できるか不安ですよね。

答えは、安心してください「装着できます」

先程紹介した通り、私は「ガラスフィルム」+「フロストエア」の組み合わせをしています。

フロストエアの他の利用者の記事やYouTubeを見ても、ガラスフィルムは装着している人がほとんどです。

だから、ガラスフィルムは装着でき、必須アイテムといえます。

THE FROST AIR(フロストエア)のまとめ

この記事では、フロストエアの特徴・メリットだけでなく、デメリットも含めて紹介してきました。

改めてまとめておきますね。

メリット
デメリット
  • iphoneのデザインを活かす半透明さ
  • ケースを付けていないと錯覚する薄さ
  • たった8グラムで軽すぎる重量
  • 高そうだけど、2,000円台で購入可能
  • マグサーフが使え、充電が便利
  • 薄いから、落とした時が不安
  • 1年使うと、ケースが割れというTwitterを見る
フロストエア
  • 「薄さと軽さ」を重視したい人
  • マグサーフをほとんど使わない人
  • ケースにそこまでお金を掛けたくない人
  • iPhoneのリンゴマークを見たい、見せたい人

耐久性に多少の不安はあっても、iPhone miniサイズの特徴である「ミニ」を最大限活かしたい人向けです。

iPhoneケースは、「素材、使い方、価格」など選択肢が本当にたくさんあるので、ぜひご自身で色々調べて納得がいくケースを選んでください。

ライスパ

その中で、この記事が参考になって、フロストエアを使ってくれることを期待しています。

なぜなら、この最高のケースを、みなさんに知ってもらい使って欲しいと思うからです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた。ライトニングスパイラルでした。

他にもAppleやiphoneに関する記事も書いているので、ぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次