買って良かったガジェット10選★詳細★

【カタリストinfluenceシリーズのレビュー】iPhone13シリーズの衝撃吸収ケース

  • URLをコピーしました!
カタリストinfluence
ライスパ

薄型で耐久性があるスマホケースの決定版!

influence(インフルエンス)は、「薄くて軽くリンゴマークが透けてみえる上、耐久性に優れたスマホケース」です。

私がiPhone13 miniで、「一番長い期間装着しているiPhoneケース」がカタリストの「influence」というスマホケースです。

読んで欲しい人
  • 薄型のスマホケースを探している
  • Appleのリンゴマークが見えるケースが欲しい人
  • 耐久性があるケースを希望する人
  • カメラの凸凹が気になる人

一つでも該当すれば検討の余地があるスマホケースになるので、ぜひご覧ください。

→influenceの購入はこちら

では早速、説明していきますね!

メリット
デメリット
  • リンゴマークが透けて見える薄さ
  • 3mの落下に耐える耐久性
  • カメラの凸凹をカバーし、揺れない
  • 価格は約6,000円と高め

本記事は株式会社トリニティ様から商品を貸与いただき、レビューしています。

クリックできる目次

カタリスト influenceシリーズとは

早速商品を紹介したい所ですが、簡単にinfluenceを発売している会社とブランドについて解説します。

カタリストのinfluenceは、株式会社トリニティが2021年11月に発売した、洗礼されたデザインの衝撃吸収タイプのiPhoneケースです。

Catalyst(カタリスト)のブランド紹介

カタリストは、冒険家でもあるJosh WrightとJuneLaiによって、「これまでの市場にはない、自分たちのニーズを満たせるタフな仕様」を実現する為に、設立されたブランド。

高い防水性とアメリカの軍事規格に準拠した堅牢性を併せ持つiPhoneケースや、アウトドアライフをより楽しくするライフスタイルアクセサリーを展開しています。

ライスパ

iPhone4からケースを発売しているので、10年以上の実績があります

Catalyst(カタリスト)を販売する、株式会社トリニティ

このカタリストを日本で販売しているのが、株式会社トリニティです。

株式会社トリニティは、デジタルライフを豊かにするデザインに優れた製品を世界中から選りすぐって日本のみなさまに届けるような会社です。

カタリスト「influenceシリーズ」の外観

まずは商品を持てもらった方がイメージしやすいと思うので、画像をご覧ください。

ご覧いただいたように、非常に薄いiPhoneケースとなります。

薄いと耐久性を心配になりますが、ご安心ください。多少の衝撃、落下は問題ありません(後ほど解説します)

カタリスト「influenceシリーズ」の特徴

カタリストのinfluenceシリーズが、他のスマホケースで備えていない特徴はこの3点です。

3つの特徴
  • 3メートル落下に耐えられる、耐衝撃性
  • 特許取得のマナーモード切替ダイヤルが便利
  • ケース未着用時と比較し、30%の大音量

influenceの特徴①:3メートルの落下に耐えられる、耐衝撃性

一つ目の特徴は、耐衝撃についてです。

カタリストのケースは、アメリカ国防総省 軍事規格「MIL-STD-810G」準拠したスペックです。

だから3メートルの耐衝撃くらい問題ありません。

ライスパ

普段の生活で3メートルを超える事はないと思います。だから、落下させてしまっても安心・安全!

influenceの特徴②:特許取得のマナーモード切替ダイヤルが便利

二つ目の特徴は、機能面についてです。

カタリストのケースは、マナーモードを切り替える際にボタンを回して切り替えます。

この仕様はCatalyst(Catalyst)が特許を取得した、独自の技術です。

ケースを装着すると、マナーモードの切り替えがしづらいケースがありますが、

カタリストのケースであれば、困る事はありません。

地味だけどすごく便利な機能!

ライスパ

冬場に手袋を付けていても簡単に切り替えられます!

influenceの特徴③:ケース未着用時と比較し、30%の大音量

3つ目の特徴は音量についてです。

カタリストのケースは、『フォワード・オーディオ』という独自技術で、通常よりも大音量で出力する事ができます。

ケースを付けていない場合と比較すると、30%も増量しています。

音量ボタンを押す回数を減らす事ができます。小さい事ですが、便利さを感じます。

ライスパ

NetflixやYouTubeのような動画を見る時に便利さを感じます。


カタリストのケースには、このような独自機能あり、他のケースにはないケースとなります。

次に、商品の詳細をチェックしたいと思います。

カタリスト「influenceシリーズ」の商品詳細

ブランドCatalyst(カタリスト)
商品名iPhone 13 mini MagSafe 対応
衝撃吸収ケース influence シリーズ
カラーステルスブラック
クリア
商品サイズ71×138×13mm
重量29グラム
MagSafe対応対応
価格5,940円(税込)
詳細詳細を見る

カタリストは、Magsafe対応の「Vibe(ヴァイブ)」というケースも販売しています。

(本記事では、MagSafe対応の「influence」を紹介しています。)

インフルエンスは左2つ、Vibeは右のケースです。

Vibeシリーズのレビュー記事も書いているので、こちらからご確認ください

カタリスト「influenceシリーズ」の3つのメリット

ここからは、私が実際に使ってわかったメリットを紹介していきます。

使って特に便利に感じたのは、この3点です。

3つのメリット
  1. リンゴマークが透けて見える薄さ
  2. 3mの落下に耐える耐久性
  3. カメラの凸凹をカバーし、揺れない

influenceのメリット①:リンゴマークが透けて見える薄さ

カタリストのinfluenceシリーズは、「リンゴマークが透けて見える薄さ」のケースです。

せっかくデザインに優れたiPhoneを購入しても、ケースでデザインが隠れてしまったらもったいないですよね。

influenceのケースはリンゴマークを見えるほど薄いケースだから、大きくデザインを損なう事はありません。

ライスパ

かっこいいデザインのケースがいいよね。

influenceのメリット②:3mの落下に耐える耐久性

influence

二つ目のメリットは、特徴でも書いた『耐衝撃』です。

この耐衝撃性は、やはりカタリストのケースの最大の特徴であり、メリットです。

薄いケースだと、衝撃が不安になる事ありますよね。割れてしまったり、不具合があると、無駄に出費も増えてしまいます。

その心配がなくなるカタリストのケースの安心感は、最大のメリットです。

ライスパ

毎日使うスマホだから、安全性が高いと安心できます。

influenceのメリット③:カメラの凸凹をカバーし、揺れない

iPhone13シリーズは、今まで以上に、カメラの出っぱりが目立つデザインになっています・・・。

画像引用:Gizmode

iPhoneをケースに装着せず、机に置くと「グラグラ揺れて安定感がありません」。

しかし、カタリストのケースは、カメラの出っ張りをカバーする造りになっており、机においても「グラグラしません」。

これにより、カメラレンズが傷つく事を防ぐ事ができます。

influence
ライスパ

iPhone13シリーズは、シネマティックモードに代表されるように、カメラが自慢だから、嬉しいよね!


このように、私はカタリストのinfluenceのケースに、3つのメリットを感じました。

他にもMagsafeで充電ができ、非常に便利に活用できています。

そして何度も書いていますが、落下してもiPhoneが割れる心配がない事は、とても安心感があってメリットに感じます。

カタリスト「influenceシリーズ」のデメリット

とはいえ、気になる点が1つあるので、

これから購入を検討をしている人は、参考にしてください。

デメリット
  • 価格は約6,000円と高め

influenceのデメリット①:価格は約6,000円と高め

influenceの購入価格は、筆者執筆時点でAmazonで5,940円(税込)となります。

Apple純正クリアケースが約6,000円なので、価格はほぼ変わりありません。

薄型ケースで比較対象になるのが「フロストエア」となりますが、「フロストエア」は約3,000円となります。

influenceが4,000円代だったら即決できる方も多いと思いますが、約6,000円の価格は購入をためらってしまう価格かなと思います。

ライスパ

このように価格はデメリットに感じます。

→フロストエアを検討する方は、詳細記事を書いたので参考にしてください。

カタリスト「influenceシリーズ」を使用した感想・レビュー

ライスパ

私が欲しい機能を全て備えているケースでした。

influenceは、すごく満足しているケースとなりました。結果的に毎日使うスマホケースになっています。

ちなみに私が求めていた機能は、

  • デザイン性
  • 耐久性

この2点となります。

influenceを利用する前の私は、フロストエアという超薄型のケースを使っていました。

フロストエアはデザイン性が非常に優れていて、気に入って使っていましたが、2点課題を感じていました。

その課題とは、①「MagSafe未対応」、②「耐久性」です。

次に、使用したのはinfluenceと同じカタリストブランドのVibeシリーズ。

Vibeシリーズは機能面は問題ありませんでしたが、「Appleのリンゴマークが見えない」というデザイン面で課題を抱えていました。

ライスパ

個人的にiPhoneは「リンゴマーク」が見えてないとダメなんです。

このような状態のときに、influenceを使ってみた所、「全ての課題が解決しました」。

influenceは「デザイン性」「耐久性」に優れていて、私の感覚では、「フロストエアとVibeシリーズの良い点だけを足したケース」となっています。

スマホリングは使えませんが、Magsafe充電は可能なので、不便は感じていません。

というわけで、iPhone14がリリースされるまでは、influenceを使い続ける予定です。

ライスパ

あくまで個人の感想なので、参考程度でお願い致します。

【比較】カタリスト「influenceシリーズ」と他ケース

influenceを選択する場合の、競合となる商品と比較をしてみました。

「ケースを付けない場合」「超薄型ケース(フロストエア)」「Vibeシリーズ」との比較です。

比較①:「ケースなし」と「influence」

商品名iphoneケースなしinfluence
耐久性不安強力
デザイン性素敵優秀
MagSafe対応強力強力
重量軽い普通
価格0円5,490円(税込)
詳細詳細を見る詳細を見る
ケースなしをおすすめする人

デザインを重視する人、ケースにお金をかけたくない人、スマホを多少落としても大丈夫な人

influenceをおすすめする人

デザイン重視で、スマホを落としても壊れる確率を低くしたい人。ケースにお金をかけられる人

比較②:「フロストエア」と「influence」

iPhoneケースで最近人気があるのは「フロストエア」という商品です。本記事でも何度か記載してます。

このケースのコンセプトは「ほぼ裸」というように、ケースを付けていないかのようなつけ心地のケースです。

→フロストエアの詳細記事はこちらからご確認ください。

この超薄型のケースと比較してみました。

商品名フロストエアinfluence
耐久性普通強力
デザイン性素敵普通
MagSafe対応微妙普通
重量軽い普通
価格2,999円(税込)5,940円(税込)
詳細詳細を見る詳細を見る
フロストエアをおすすめする人

Magsafeは必要なく、デザイン重視で使いたい人。落下して壊れれても仕方ないと割り切れる人。

influenceをおすすめする人

デザイン重視で、多少お金を出してもスマホを落としても壊したくない人。修理代は払いたくない人。

どちらもいい商品なので、あなたの優先順位で決めて下さいね。

比較③:「Vibeシリーズ」と「influence」

同じカタリスト同士でも比較をしてみます。

Vibeシリーズは、背面も覆われているのでリンゴマークは見えませんが、外見は素敵なデザインをしています。

さらにMagsafe対応、耐久性ありという優れたスマホケースです。

Catalyst(カタリスト)
Vibeシリーズにスマホリングを装着しています

Vibeシリーズの詳細記事はこちらからご確認ください。

商品名Vibeシリーズinfluence
耐久性強力強力
デザイン性普通素敵
MagSafe対応対応一部
重量普通普通
価格7,401円(税込)5,940円(税込)
詳細詳細を見る詳細を見る
Vibeシリーズをおすすめする人

Magsafeが必須の方。リンゴマークが見えなくても、デザイン性がと耐久性を重視したい方

influenceをおすすめする人

デザインと耐久性を重視する人。Magsafeは充電だけ使用できれば問題ない人


「ケースなし」「フロストエア(薄型ケース)」「Vibeシリーズ」の3つと比較してみました。

どれもメリット・デメリットはあるので、ご自身の使い方とどこまでなら妥協できるかで判断してください。

カタリスト「influenceシリーズ」をおすすめする人

influence

先程まで競合商品と比較しましたが、この項目では、ずばりinfluenceをおすすめする人おすすめしない人をまとめました。

おすすめする人
  • スマホを落としやすく、耐久性があるケースが必要な人
  • 軽さより、安心感を得たい人
  • デザインを重視する人
おすすめしない人
  • リンゴマークが見えないとダメな人
  • MagSafeを活用したい人(充電はOK、スマホリングはNG)
  • スマホケースに5,000円以上はかけたくない人

influenceは約6,000円なので、スマホケースにお金をかけたくない人には安くない買い物になります。

ただ落下させて修理すると、数千~数万円は簡単に飛んでいきます。それを防ぐ確率が高くなるから、安いかなとも思います。

ライスパ

自分の優先順位を決めて選びましょう!

カタリスト「influenceシリーズ」のまとめ

この記事では、Catalyst(カタリスト)influenceシリーズの特徴やメリット・デメリットについてまとめてきました。

長くなってしまったので、ポイントだけまとめておきますね。

3つの特徴
  • 3メートル落下に耐えられる、耐衝撃性
  • 特許取得のマナーモード切替ダイヤルが便利
  • ケース未着用時と比較し、30%の大音量
3つのメリット
  1. リンゴマークが透けて見える薄さ
  2. 3mの落下に耐える耐久性
  3. カメラの凸凹をカバーし、揺れない
デメリット
  • 価格は約6,000円と高め

influenceを利用すると「見た目はカッコよく、落としても壊れる恐れが少なく安心して利用が可能」となります。

過去に落下で壊した事がある人や、耐久性に不安がある人は是非検討してみてください。

長文になりましたが、ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

この記事が、あなたの参考になれば嬉しいです。

ライスパ

もし気に入ったら、ぜひ購入して感想を聞かせてくださいね。

ではまた、ライトニングスパイラルでした。

  • 大人気iPhoneケースのカタリスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる