まずここからSTART★詳細はこちら★

【ソープディスペンサー Umimile(ユミマイル)のレビュー】大容量で便利

  • URLをコピーしました!

当記事は、ソープディスペンサーの「ユミマイル」を紹介する記事です。

ソープディスペンサーはたくさんあって迷いますよね。そもそも購入する必要があるか、も検討されると思います。

今回紹介する「ユミマイル」のソープディスペンサーであれば、「今すぐ購入し、利用した方がいい」と思える商品になっています。

こんな悩みありませんか?

・ソープディスペンサーの違いって?

・その違いの差は、大きいの?

・ソープディスペンサーを使うメリットがあるの?

・結局どれがおすすめなの?

ちなみに私は「ユミマイル」のソープディスペンサーを購入するまで、ソープディスペンサーに違いなんてないと思っていた人間です。

ライスパ

結果的に買ってよかった!

この記事を読めば、ユミマイルの特徴や、競合商品との差がわかるようになります。

では、早速紹介していきます!

クリックできる目次

Umimile(ユミマイル)の特徴

このユミマイルのソープディスペンサーは、Amazonで6,188件もレビューがあるソープディスペンサーです。(2022年1月時点)

評価の平均は、4.5点と非常に高スコアとなり、多くの方に支持された実績と選ばれた結果といえます

ライスパ

この評価があったので、安心して購入できました

ソープディスペンサーは、手をかざすと泡が出るタイプの商品。コロナ以降の世界線では、重要な機能です。

泡の量は2段階の調整ができ、節約になります。

また、嬉しいのは、泡が0.25秒で出るから、ストレスなく、利用する事が可能です。

泡の量の調整は、背面のボタンを押せば可能です。

詰め替えも楽で、大容量だから長期間使えるのも、便利に感じるポイントです。

Umimile ソープディスペンサーの購入はこちら

Umimile(ユミマイル)の商品詳細

メーカー‎Umimile(ユミマイル)
サイズ88×88×203mm
タンク容量約250ml
電源単三電池3本
価格2,980円(税込)…21年10月時点

タンク容量250mlは、ミューズの詰め替えサイズと同じサイズとなります。

ドラッグストアで見かけたことありますよね。あのミューズと同じサイズです。
ライスパ

動作は電池式です。充電式の電池があると便利です。

Umimile(ユミマイル)のメリット

早速、ユミマイルのソープディスペンサーのメリットを紹介します。

実際使用して、感じた3つのメリットを紹介します。

3つのメリット

  1. 250ml入る大容量
  2. ソープディスペンサーぽくない、おしゃれなデザイン
  3. ニコちゃんマークが、かわいい

ユミマイルのメリット①:250ml入る大容量

ユミマイルのソープディスペンサーの容量は、250mlです。

先程の紹介したけど「ミューズのソープディスペンサー」と同じ容量となります。普段遣いで困らないサイズになります。

蓋も大きくて、詰替えも便利です。

大容量のハンドソープを購入しておけば、節約できるし、おすすめですよ。

ユミマイルのメリット②:ソープディスペンサーぽくない、オシャレなデザイン

ユミマイルは、非常にオシャレなデザインのソープディスペンサーです。

画像を見てもらったほうが、わかりやすいですね。

Umimileユミマイル
高さは、約20cmです。

ショップやオフィスに設置しても、違和感がないデザイン。

家庭でおけば、来客があっても恥ずかしくないですね。

ライスパ

洗面台がオシャレだと、気分も上がるよね!

ユミマイルメリット③:ニコちゃんマークが、かわいい

メリットの三つ目は、デザインに関する事です。

ユミマイルのソープディスペンサーは、センサー部分が「ニコちゃんマーク」になっています。

Amazonのレビューには、

このユミマイルから、違うソープディスペンサーに変更したけど、「ニコちゃんマーク」がないから、元に戻した、という投稿もありました。

ちょっとしたポイントですが、他ソープディスペンサーにはない特徴的なデザインとなります。

ライスパ

小さいお子様がいる家庭では、好まれそうです


Umimile(ユミマイル)のソープディスペンサーは、ソープディスペンサーとしての機能は問題なく、それにプラスし、3つのメリットがあります。

とはいえ、小さい事ですが、気になった点もあるので、紹介しますね。

Umimile(ユミマイル)のデメリット

私が感じたデメリットは、1点だけです。

それは、デザインに関する事です。

ユミマイルのデメリット:縦がちょっと長いデザイン

すごい嫌、というわけではありませんが、デザイン的に「少し縦に長い」かもしれません。

縦に長いから、洗面台で主張が大きすぎるかも。

圧迫感を感じるかもしれません。

ライスパ

とはいえ、慣れれば気にならないですけどね。

Umimile(ユミマイル)を使用した感想・レビュー

ライスパ

大満足のソープディスペンサーです。

購入する前は、約3,000円もするし、どうかな?と思ってました。

「ソープディスペンサーに3,000円は高いでしょ」ってね。

でも、設置して、初めて泡を出した時から気に入ってしまった。

今まで使っていたソープディスペンサーより、センサーの質がいいのか、すぐに泡が出る。

今では、このレスポンスの良さじゃないと、ダメになってしまいました。

約6ヶ月ほど使用していますが、全く不満に感じる事はありません。(デメリットで書いた「縦に長い」も慣れました)

デザインもオシャレで、ニコちゃんマークもかわいい。

機能的にも生活防水に対応しているから、長く使用できそうだし、3,000円だけど満足です。

Umimile(ユミマイル)の競合商品

ユミマイルが便利でおすすめではありますが、競合も良い商品をだしています。

競合になるのは、この2つかと思うので紹介します。

商品名
Umimile

IGYLAR


ShineWind
メーカーユミマイルJIELEShineWind
サイズ 88×88×203mm ‎212 x 128 x 82mm215×99×89mm
タンク容量約250ml約400ml 約400ml
電源単三電池×3本リチウム電池内蔵単四電池×4本
防水仕様IPX3IPX4IPX7
価格
(21年10月時点)
2,980円(税込) 2,980円(税込) 2,599円(税込)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る

それぞれのメリット・デメリットを理解して購入を検討してくださいね。

Umimile(ユミマイル)のよくある質問

質問①:泡の量は、どこで調整するの?

泡の量は、背面ボタンを3秒長押しすれば、「0.6グラム」と「1グラム」を切り替える事ができます。

我が家は0.6グラムで設定していますが、特に困った事はありません。

節約にもなるし、0.6グラムをおすすめしますが、お気に入りの泡の量を設定してくださいね。

質問②:詰替え用の洗剤は、何でもいいの?

ユミマイルは、ほとんどの詰替え用の洗剤を使う事ができます。

液体タイプは、何もしなくても「泡」で出てきます。

ちなみに、業務用洗剤は避けたほうがいいとの事です。

→2リットルと大容量のおすすめはこれ

質問③:消毒用アルコールは使える?

答えは、「使えません」。

ユミマイルは、ハンドソープなど「液体洗剤、石鹸」を対象にしている商品です。

アルコール消毒を使いたいなら、専用のディスペンサーを使いましょう。

Umimile(ユミマイル)のまとめ

ユミマイルのソープディスペンサーについて、紹介してきました。

おすすめする人

  • 大容量のソープディスペンサーを使いたい人
  • オシャレなソープディスペンサーを使いたい人
  • 泡の量を調整して、ソープディスペンサーを使いたい人
  • キッチンで素早く、手を洗いたい人
  • ニコちゃんマークのソープディスペンサーを使いたい人

ユミマイルのソープディスペンサーを使えば、素早く泡が出るので、すぐに手を洗う事ができます。

大容量だから、詰替え頻度も少なく、生活防水だから、使いやすいソープディスペンサーとなります。

この記事を読んで、ソープディスペンサーが気になった方は、ぜひ検討してみてくださいね。

ライスパ

本当に良い商品なので、購入しましょう

この記事が、あなたのソープディスペンサー選びに参考になれば嬉しいです。

では、おしまい。ライスパでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次