まずここからSTART★詳細はこちら★

「MOFT(モフト)排熱のPCスタンドのレビュー」カフェなど外出先で活躍!

  • URLをコピーしました!

この記事で解決できる悩み

・PCスタンドのMOFTの特徴

・PCスタンドのMOFTのメリット・デメリット

・外出先で使えるPCスタンドを探している

今ではすっかりメジャーな存在となったPC便利グッズであるPCスタンド。

でも、種類がたくさんあって、どれを選ぶか迷いますよね?

私も購入前は、機能面の違いがよくわからず迷いました。その結果、携帯用で一番おすすめのPCスタンドを見つけたので、紹介致します。

ライスパ

「MOFT(モフト)」というメーカーのPCスタンドです。

外出先では、このMOFTのPCスタンドなしでは、仕事ができなくなりました。

このMOFTのPCスタンドを使えば、カフェやオフィスでも角度をつけて、ノートパソコンを利用できます!

とても便利な商品なので、ぜひ購入を検討している人には、読んでもらいたいと思います。

ライスパ

PCスタンドをなぜか5つ購入した実績と経験から、MOFTを選んで書いています!

クリックできる目次

MOFT(モフト)とは

MOFTとは、Mobile Official for Travel(旅行者の為のモバイルオフィス)の略です。MOFTのチームメンバーは、中国とアメリカの出身で、10年以上の家電製品の販売促進と研究開発をおこなっていました。

MOFTを一躍有名にしたのは、クラウドファンディング「Makuake」です。

目標金額50万円に対し、なんと1,800万円以上の資金を集めました。今では、様々な商品がAmazonで購入できるようになって、ますます伸びているメーカーとなっています。

MOFT(モフト)PCスタンドの特徴

今回紹介するのは、「MOFT PCスタンド排熱タイプ」となります。

特徴

MOFTの特徴は、持ち運びができる薄さと軽さです。

角度は2段階の調節が可能。

好みの角度で、使用できます。

またMOFTの重さは89グラムだから、ペンより軽い重量となっています。

重さはほとんど感じません!

つまり、どこにでも持ち運べるくらい薄くて軽く、いつもと同じ角度で作業ができるから、作業効率がUPします。

タブレットで使用したい方はこちらをどうぞ

MOFTの製品詳細

製品名MOFTU(モフト)
本体サイズ22.4cm×17cm
重さ89g
厚み3mm
素材PU、ファイバーグラス、リムーバルグルー
シルバー、ゴールド、ローズゴールド、スペースグレー
価格2,580円(21年9月時点)
ライスパ

「排熱タイプ」⇔「排熱ではないタイプ」
「貼り付けるタイプ」⇔「貼り付けないタイプ」
に分類する事ができるよ。

Macのように、ノートパソコンの背面に排熱用の穴が空いていなければ、排熱ではないタイプを選びましょう。

私が使用しているNECのLAVIEは、排熱用の穴が空いているノートパソコンだから、排熱タイプを選択しています。

ご自身がお使いのノートパソコンの背面をチェックして、購入してね。

MOFT(モフト)の3つのメリット

メリット

  • 携帯型で、排熱タイプ
  • 薄くて軽く、携帯に便利
  • 2つの角度に調節が可能

MOFTのメリット①:携帯型で排熱タイプ

シートに空いている穴が、排熱してくれます。

MOFTのPCスタンドは、排熱ができるように、穴がたくさん空いています。

据え置き型のPCスタンドで、排熱型は多くありますが、携帯型で排熱タイプは、種類が少なく貴重な存在です。

MOFTは、排熱と排熱ではないタイプの2種類あるので、ご自身のパソコンにあったタイプを選びましょう。

MOFTのメリット②:薄くて軽く携帯に便利

MOFTのPCスタンドの2つ目のメリットは、薄くて軽い、そして丈夫という点です。

こちらの画像を見て下さい。鉛筆より薄いのがわかると思います。厚さは3mmです。

これだけ薄いから、重さもほとんどありません。重さは89gです。

オロナミンCの1/3の重さですね。ノートパソコンを専用ケースに収納している方もいるかと思いますが、安心してください。

厚さは3mmなので、お使いのケースを邪魔にする事は、ないと思います。

MOFTのメリット③:2つの角度に調整できる

MOFTのPCスタンドは、15度、25度の2つで角度を調節できます。

どちらがいいかは、好みになりますが、使いやすさを選べるのは、便利です。

他社の携帯用PCスタンドの場合、多くの製品で、一つの決まった角度しかないのが一般的だから、MOFTは重宝できると思います。


私が実際使用して感じた3つのメリットを紹介しました。外出先で使う場合には、良さそうに感じていただけていれば嬉しいです。

とはいえ、デメリットに感じる部分もあるので、正直に書きたいと思います。

MOFT(モフト)の2つのデメリット

デメリット

  • 据え置き型PCスタンドに慣れている人は、低く感じる
  • 微妙に揺れる

MOFTのデメリット①:据え置き型PCスタンドに慣れてる人は、低く感じる

据え置きのスタンドを使用している人には、MOFTの角度は物足りなく感じるはずです。

私は家で、据え置き型のPCスタンドを使用しています。

ライスパ

マクドナルドやカフェで、このMOFTを使用すると、ちょっと低いと感じてしまいます

でも物足りないなさを感じますが、そもそも携帯用と据え置き型で用途が違うので、仕方ないかなと思います。

据え置き型を検討中の方はこちらのスタンドがおすすめ

MOFTのデメリット②:微妙に揺れる

MOFTは基本的には安定して使用できます。しかし、ある一定の条件の場合、ノートパソコンが揺れる場合があります。

25度の角度で使用した場合、パソコンの外側のキー(F1、数字やディレートキー)を強く押した場合はグラつく事があります。

強く押さなければ解決できるので、大きな問題ではないと思いますが、気になる人は気になると思い書きました。

ライスパ

携帯用のスタンドに、そこまで求めるのは酷な気がします。

MOFTのPCスタンドは、8キロまでの重量に耐えられる丈夫さは持ち合わせていますよ。

見た目以上に、丈夫な素材を使っています。

このようにデメリットが2つありますが、しっかり理解した上で判断するようにしましょう。

MOFTを使った感想・レビュー

私の評価は、⭐️⭐️⭐️⭐️です。

携帯用のPCスタンドとしては、非常に優秀だと思います。今でもノートパソコンには、MOFTを貼って愛用しています。

ではなぜマイナス1点か?

その理由は排熱用か、排熱以外か?が、非常にわかりづらかったから、です。

特に公式サイトはわかりづらいです。実は私MOFT2枚持っています。

1枚目は「排熱ではないタイプ」。本来は「排熱」が欲しかったのですが、間違えました。

ちゃんとチェックしなかった私の自己責任ですが、もう少しわかりやすいと、より便利なサイトになると思います。

ただ、当初間違えて購入してしまった「排熱ではないタイプ」を、Macのパソコンに貼って使用した所、非常に便利で使いやすく感じました。

ライスパ

だからMOFTを嫌いにならず、2枚目を購入し愛用しています。

MOFTの品質と使い心地には、非常に満足しています。これから、MOFTを検討しようとしている方は、私みたいなドジをしないで、ちゃんと商品を選んで購入してくださいね。

→排熱用のMOFTの購入はこちら

MOFT(モフト)をおすすめする人

○おすすめする人

  • カフェや外出先で、ノートパソコンを使う頻度が高い人
  • 外出先でも、角度を付けて仕事をしたい人
  • 据え置き型のPCスタンドを買うまでもない人

フリーランスか職種が営業の方の多くに当てはまると思います。

逆におすすめしない人も書いておきます。

✕おすすめしない人

  • ノートパソコンを持ち運ばない人
  • 会社支給のパソコンにシールを貼らない人

MOFTのシールは貼り直しができる素材です。

何があるかわからないので、会社支給のパソコンで使用するのは、あまり推奨できないかもしれないです。(ご自身で判断して下さいね。)

MOFT(モフト)排熱タイプ、PCスタンドのまとめ

MOFTのPCスタンドについて、特徴、メリット・デメリットを中心に解説してきました。

長くなってしまったので、改めてまとめておきますね。

メリット

  • 携帯型で、排熱タイプ
  • 薄くて軽く、携帯に便利
  • 2つの角度に調節が可能

デメリット

  • 据え置き型PCスタンドに慣れている人は、低く感じる
  • 微妙に揺れる

MOFTは、ノートパソコンで使用するには、最適なツールになると思います。外出先で、視線を改善する事で、疲れを軽減し、作業の効率もUPします。

これだけメリットがある商品が、2,500円程度で買えるなら、全然安いと思います。

もちろんMOFTはなくてもノートパソコンは、使用できますが、「よりラクをしたい」「より効率化したい」という方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

ライスパ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事が、購入を検討している人の参考になれば、嬉しいです。

他にも便利グッズを紹介しているので、ぜひ読んで言ってくださいね。

ではおしまい。ライトニングスパイラルでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次