まずここからSTART★詳細はこちら★

【比較】無印iPadはどっちがお得?第9世代と第10世代を比べてみました。

  • URLをコピーしました!

2022年10月19日に、無印iPad第10世代が発表されました。

ただ、無印iPad第9世代も併売するとの事で、どちらを買うか迷う人もいると思います。

そこで、この2つのデバイスの比較と、どちらがお得かをまとめたいと思います。

ライスパ

結論を書くと、「第9世代」がオススメです

第9世代
第10世代
  • 49,800円(税込)
  • ホームボタン有
  • 10.2インチ
  • Lightningケーブル
  • A13チップ(iPhone11シリーズ)
  • 68,800円(税込)
  • ホームボタン無
  • 10.9インチ
  • USB-C
  • A14チップ(iPhone12シリーズ)

基本的な性能はほとんど変化ありません。

仕様が若干変更になっているので、そこを中心に紹介していきます。

※無印iPad第9世代の詳細記事はこちらです。

クリックできる目次

無印iPad第9世代と第10世代の比較

価格

価格は最安値となる「Wi-Fiモデル 64GB」で比較します。

第9世代第10世代
49,800円(税込)68,800円(税込)

価格差は29,000円(税込)となります。

このあと紹介する比較項目が、この価格差となるので、注目してご覧ください。

ホームボタンの有無

無印iPad
画像は第9世代です

続いてはホームボタンの有無です。

第9世代はホームボタンがありましたが、第10世代はフルスクリーンとなりホームボタンはなくなりました。

物理的にすぐホームに戻れるのは、すごく便利なのでホームボタンが必要な人は第9世代を選びましょう。

ちなみに認証方法は、第9世代は第10世代ともに「Touch ID」となります。

ライスパ

第9世代はホームボタンを押して認証。
第10世代は、電源ボタンを押して認証します。

画面サイズ

第9世代第10世代
10.2インチ10.9インチ

第10世代の画面サイズは、10.9インチとなり、「iPad Air」と同じサイズになります。

今までのiPadより、一回り大きいサイズ感になります。

動画や雑誌を読むにはちょうどいいサイズかと思います。

端子

第9世代第10世代
LightningケーブルUSB-C

端子は、第9世代はiPhone14シリーズまで続いているLightningケーブルです。

一方でiPad第10世代はUSB-Cとなります。

2022年6月にヨーロッパで規格の統一が制定されたので、Lightningケーブルを使用する事ができません。

その為、今後はUSB-Cが主流となります。

ライスパ

ただ、既にライトニングケーブルを持っている人は、今までのケーブルも使えるので、影響は小さいかと思います。

チップ

第9世代第10世代
A13チップ(iPhone11シリーズ)A14チップ(iPhone12シリーズ)

チップは、ほぼ変更がありません。

第9世代はiPhone11シリーズで使われていたチップです。一方で第10世代はiPhone12シリーズで使われていたチップです。

一昔前のチップに見えるかもしれませんが、全然問題ありません。

皆さんの周囲でiPhone11やiPhone12を使っている人がいるかと思いますが、動作で問題があるとかないですよね。

ライスパ

だから性能は気にしなくて大丈夫です

他にもフロントカメラが位置が変更になりましたが(第9世代 縦置き時に上部の位置、第10世代 横置きで上部の位置)

オンライン会議をしない人には影響ありません。

無印iPad第9世代と第10世代のまとめ

以上、無印iPadの第9世代と第10世代の主な変化をまとめてきました。

他にも細かい仕様の違いはありますが、目に見えて変更があるのが、今回紹介した点です。

冒頭に29,000円の差があると書きましたが、これらの違いに29,000円の価値があると思う方は「iPad第10世代」を購入しましょう。

一方で、ネットや動画閲覧やSNSが中心のかたは「iPad第9世代」を選択しましょう。

ライスパ

私は、動画編集をしない人以外は、第9世代のスペックで十分だと判断します。

また、なんだかんだホームボタンは便利で使いやすと思うので、「第9世代」をおすすめします。

とはいえ、無印iPadを検討している方は、ご自身の使い方を確認してから購入するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次