プロダクト

[フェリージ]革のビジネスバッグは「1756」で決まり。1年間使った感想をレビュー。

Pocket

この記事はフェリージの革のかばんの購入を検討している人向けに書いています。

私は「フェリージ ビジネスバッグ トスカーナ バケッタレザー 2Way ブリーフケース ショルダー business bag Felisi 1756-1-A-DS」というカバンを購入し、非常に良い思いをしたので、是非共有したいと思い、記事を書きました。

フェリージ 1756

ビジネスバッグでは一定の地位を確立したフェリージ。20~30代の方にはナイロンバッグが有名です。

困った人
困った人
フェリージってオシャレだけど高いんでしょ。
困った人
困った人
革のバッグって重たいんでしょ?
困った人
困った人
メンテナンスは大変そう?
ライスパ
ライスパ
フェリージは決して安いとは言えませんが、ワンランク上のステータスを手に入れられますよ!

では具体的に解説していきたいと思います。

革のフェリージのバッグを持つことのメリット

できる男に見られる

40歳を過ぎて、ユニクロや紳士服会社で売っているようなカバンを使い続けるわけにはいかないですようね。自分の上司がそうだったらちょっと嫌です。

(決してユニクロがダメってわけではないですからね。私はユニクロ大好きです)

しかしこのブランドのバッグであれば解決できます。

おしゃれなデザインでしかも革なので、ワンランク上に見られます。

 

例えば、自社に営業に来た営業マンが「リュックのカバン」or「革のカバン」の場合、第一印象はどうでしょうか?

恐らく「革のカバン」の方がしっかりした印象を持つでしょう。

だからこのバッグであれば「しっかりした男としてワンランク上に見られますよ!」

シンプルだけど格好いいデザイン。

誰でもおしゃれに見られたいですよね。フェリージであれば、おしゃれに見られます。なぜならイタリア出身だからです。

ちなみにイタリアのフェラーラという歴史と芸術の町の小さな工房からスタートしています。

このバッグは一見するとフェリージに見られませんが、「エンブレム」や「造り」で気が付かれる事が多いです

だから気が付かれると「びっくり」され、一気に「おしゃれさん」と認識されます。

おしゃれに見られたい人は是非検討してみてはいかがでしょう。

メンテナンスが楽

ちなみにメンテナンスは楽です。革がバケッタレザーという素材で日常のメンテナンスは特に必要ありません。

もちろん雨に濡れたりした場合は、拭いたりする必要はありますが、毎月定期的に「クリームを塗る」とかは必要ありません。

クリームを自分で持っていない場合は、「直営店に行けば、メンテナンスしてくれます」よ。

私は購入してから2回「青山店」へ行ってメンテしてもらいましたが、残念ながら青山店は閉鎖されてしまいました・・・。

購入時気をつける点はこの3つ!

収納は普通。むしろ少し狭いかも。

実際にどれぐらい入るか試してみました。

ノートパソコン、手帳、文庫本1冊、ハードカバー4冊、メガネケース
実際収納してみると結構いっぱいです。画面には写りませんが、左右にスペースが多少あるくらいです。

 

一般的な収納だと思います。普通にビジネスバッグとして活用するには申し分ありません

しかし、これだけ荷物を積んだ場合は「ペットボトルや折りたたみ傘は入らない」ので、通常荷物を多く持ち歩く人は注意が必要です。

ちなみに私の場合は、冬場にマフラーの収納で困った事があります。(小さい事ですけどね)

最後に、素材が革なので、ナイロンバッグと比較すると重みはあります。これは革のバッグ特有の問題ですが、「革のバッグを買う人はすべて重さを覚悟の上で購入」しています。

定価15万円台。安くない。

20年2月時点での定価は152,900円(税込)となっています。

私が購入したのは、18年9月でしたが、その時は12万円台でした。革の値上げがあり、15万円まで上がってしまっています。

どちらにしろ、決して安くない金額となります。

だから実際にお店で「見て触って、重さを確認」してから購入するのがよいと思います。

気が付かれない場合がある。もしくはチャラく思われる。

先程15万円台と書きましたが、残念ながら気が付かれない場合があります。

なぜなら「このバッグのデザインはシンプルで、いわゆるフェリージのデザインとは異なる」からです。

シンプルが魅力のバッグですが、気が付かれて目立ちたい人にとっては歯がゆい製品かもしれません。

そんな方は、こちらがおすすめ。おなじみのフェリージのデザインでバケッタレザーの革を使用しているバッグです。

私はこのバッグと真剣に悩みました。

なぜこれを断念したかというと、通勤に片道1時間30分かかっている私には「肩掛け」が必須だからです。

ちなみに、フェリージというブランドは、「チャラ男」に見られる事もあります。特にナイロンバッグを持っている人は、その傾向が高いです。

そんなチャラ男バッグの代表がこちらのバッグ笑

ワンランク上の立場になったら持つべきカバン

フェリージの革のバッグを持っている人は決して多くありません。また、そもそも革のバッグ自体が少なくなってきています。

東日本大震災以降、両手が自由に使えるリュックタイプが大きく市場を伸ばしているので、「革のブリーフケース」は減少傾向です。

だからこそ、あえて革のバッグを持つ事で差別化する事ができます。さらにそれがフェリージであればなおさらです。

革のバッグはある一定の役職以上であれば是非検討していただきたい鞄です。

20代は難しいかもしれませんが、30代で部下を持つようになった時、マネージャーを任された時など、「人生の転機」で是非検討してみてはいかがでしょうか。

1年間使った感想を写真とともに。

おすすめ度:

マイナス0.5は、値段です。

流石に15万円は高いかなと思います。

しかしそれ以上に革の鞄を持つ喜びは得られる秀逸な商品です。収納や多少の重さは覚悟の上でしたので、特に大きな問題ではありません。

また、使用感で特に困る事はありません。バケッタレザーで特に不具合はなく、故障も一切ありません。

しっかり作られている証拠です。

革のバッグを持つのが初めての人や、フェリージで他の人と差をつけたい人は検討してみてはいかがでしょう。







ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
こちらの記事もおすすめ!