プロフィール

Pocket

プロフィール

略歴

埼玉県所沢市生まれ。42歳。

東洋大学卒業

→某印刷会社内勤5年

→某人材会社で営業3年

→某通信会社で営業、アウトバウンド5年

→現在 人材会社 営業5年

趣味

野球観戦(西武ライオンズ)

西武ライオンズについてはこちらをご確認ください。

https://l-spiral.com/190906_seibulions/

プロレス観戦

プロレスについてはこちらをご確認ください。

https://l-spiral.com/190827prowrestling/

ランニング

ランニングについてはこちらをご確認ください。

https://l-spiral.com/190909runnning/

読書

読書についてはこちらをご確認ください。

https://l-spiral.com/book_movie2019matome/

好きな言葉

・この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。迷わずいけよ、行けばわかるさ!

・継続は力なり

・今日一日、怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に生きよ

性格と性質

真面目だけど雑

おとなしそうだけど、面白い

そつなくこなす

飽きっぽい。でも飽きないとずっとはまっている

プロフィール詳細

(ブログ初期に書いたので読みづらい文章ですが、しっかり書いたので読んでみてください。)

小学校時代

習い事は、スイミングを3年間と習字を1週間。

よく言えば大人しく真面目。

しかし走るのは早くて運動会では1〜6年生の間ずっとリレー走者に選ばれていました。

中学校時代

部活は「テニス部」。

しかし幽霊部員。

なぜなら入部動機は「楽そう」だから。

当時はコートが一つしかなく男女兼用でした。

兼用だから練習は別々になるので練習日が週3日だけと言う、単純な理由で選びました。

とはいえ活動日はまじめに練習してたけど、新人戦の前の日に手首をグネって軟骨を骨折。これがキッカケで帰宅部に。

それ以来部活はほぼ行っていません。

また、成長期なのにモリモリ食べていたから今思うとプヨってたかも。

でも楽しい中学時代でしたよ。

高校生時代

高校は最寄駅から片道25分歩いて通ってました。

先程ぷよっていたと書きましたが、この片道25分の通学ですっかり標準体重になり、健康的になりました。

部活には入らず、ボクシングジムに通ってました。なぜか?

この時期に辰吉と鬼塚のボクシングを見て憧れからです。

ただ少しだけ付け加えると、性格的に大人しくて真面目な人間の多くは 勇気という武器は持ち合わせていません。

そんな人間がボクシングジムに通うなんてとんでもない事です。

だから入会する前にジムの前まで行って帰って来る事を3回繰り返した記憶があります。これがわかる人とは、仲良くなれる気がします!アルバイトは親が禁止していてやってません。

受験はしたけど不合格で浪人生活へ。東進ハイスクールで1年勉強して無事東洋大学へ入学。

大学生時代

サークルはジャズサークルに入りました。集団行動は実質はじめてでしたが、楽しく4年間を過ごせました。

やはりジャズサークルは風変わりな人間が多いので、観察してるだけでも面白かったです

テニスサークルに入らなくてよかった。ボクシングは辞めたけど筋トレだけは続けていたので体重はキープできてました。

就職活動中

この時期は就職氷河期と言われるくらい厳しい状況。真面目でおとなしい性格の人間です。

なので苦戦する事は、わかっていたので、ほぼ活動しませんでした。内定はメガネ会社1社。当時Zoffみたいな格安メガネはなかった時代でしたが、面接で安い眼鏡が必要と話をした記憶があります。

ただ、結局メガネ屋さんの内定は断ってしまい、実は4月から勤務はしていません。5月GW明けから、新卒派遣という 今考えれば珍しい形態で就職しました。

社会人〜現在

印刷会社 イメージ

1社目は、 印刷業界の業界1、2位を争う某印刷株式会社です。 ここのパッケージ事業部という、部署に配属。 内勤営業として活躍。 具体的にはマルちゃんの会社のアルミ蓋や周辺資材を扱うお仕事。

在庫管理→月末の在庫数、金額の報告

原稿修正対応→先方へ原稿提出し、修正し、校了まで

生産管理→アルミ蓋を作成する資材の管理

これらも任されるようになり、充実感はありました。 今思い返せば、はじめの会社がここでよかったと思っています。いい上司とメンバーと過ごせました。

また今となれば面白かったのは、

隣の部署の部長は毎日イビキかいて寝てた。

某上場企業の御曹司もいたけど、この人も昼間寝ている。

工場では元暴走族の族長。結果的に仲良くなったけど怖かったです。

史上最年少課長へ昇進する人。

新幹線通勤しているけど、よく帰れなくなっている人

ダルビッシュに似ている人。

電話では常にキレているけど、対面するとめちゃくちゃいい人

会社の仕組みやあり方、様々な人種と触れあえ貴重な体験ができました。 今でも家族ぐるみで付き合っている同世代の同期もいるしね。

思い出したけど、当時はPRIDEが流行っていた時期で、 男女4〜6名でさいたまスーパーアリーナへ行ったのは良い思い出です。

また当時から帰りは遅く22時くらいは当たり前でしたが、 そこから30分一本勝負として近所の中華料理屋へ行けてたのは 若さですね。ちなみに私は「ガツ炒め」がお気に入りでした。

そんなこんなで5年近く勤務しましたが、 2つの理由で退職しました。

正社員になれない

スキルUPのため

①は当時派遣から正社員になる道はなく、(今はあるようですが) 26歳を過ぎた私には将来が不安に思えていました。

またその将来を考えた場合、営業スキルがないと生きていけないと 考えていました。

プロフィールで何度か書いたように、 おとなしく真面目な私は、人と接するのは基本的には苦手です。

でも生きていくには、特別なスキルがあるわけでもなく、資格もなく、派遣のままの人生?と考えた場合、 仕事だけでなく、プライベートでも活かすことができるであろう 「営業」を経験すべしと考えていました。

これがこのあとの人生を左右する決断になりました。

intelligence

そして退職し、 当時学生援護会を買収したばかりの某人材株式会社へ転職。(画像でわかっちゃいましたね。)

当時は、派遣社員だったので、同じ境遇で困っている人達を支援したいといった理由から選んでました。規模とか特徴はほぼ調べてなかったです。はい。

そして恐らくエントリー後、一番早く返信がきたからです。 私は案の定営業成績は良くはなく、 1年目は特に苦戦していました。幸い初受注は中途の同期の中でも2番目だったんですが、総売上は低かったかと思います。

あのときは真面目にやっても受注できず空回りの日々。

テレマ、飛び込み、同行とかいろいろやりましたが、駄目でした。

そこから立て直し、特別クライアントチームへ異動。ここでは幸い営業数字には貢献できたかと思います。

リーマンショック

しかししばらくして世界的な大事件が発生。 そうリーマンショックです。 当時製造派遣会社を担当していましたが、

製造減少→仕事減少→人員削減

で、私の仕事もなくなるというまさかの事態が。当時売上目標300万円に対し、実績10万円くらいだった記憶があります。 リーマンショックで長引く景気低迷。 会社業績も悪化。で、 人員削減の話になりますね。

usen

そんな中、当時所属していた会社が某上場企業のグループ会社に買われました。 そこからそのグループ会社の本隊へ出向。法人向けインターネット回線やネットワークに関する部署でした。

当時、ビジネスマンに必要となるであろうスキルとして、

英語

金融

IT

と言われていた時代です。

英語と金融は無理だとして、ITを学べたのは良い環境でした。

ネットワークはよくわからなかったけど当時の部長から、 「わからなくても勉強していれば、いつか点が線になって 面にかわるから頑張れ」と言われました。

ふとした瞬間に点が線になったのを覚えています。

TCP/IPとVPNがきっかけで理解でき、 点から面になり、比例して成績も向上していきました。

あとこの部署では、テレマでのアウトバウンド営業と、 自社内でコールセンター立ち上げ、 カスタマーセンターを請け負うなど、貴重な体験ができました。 今でもいい経験として生きています。

そんないい環境でしたが、このタイミングで人材会社時代の 飲み仲間とたまたま飲みに行き、 いろいろ話をする中で今の会社へ転職していました。 成長の為に退職。 再度人材業界へ戻ってまいりました。

そして今の会社となります。 ここは求人の総合代理店で主に媒体を活用し、企業の採用活動のお手伝いをしております。 かっこよく言うとコンサルです。

一メンバーからスタートし、今では マネジメントやリーダーのスキルを磨いている所であります。

ざっと、こんなプロフィールとなります。

なんとなくイメージできましたか?

こんな感じのライスパですので、よろしくお願い致します!

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!