買って良かったガジェット10選★詳細★

【TWSBI(ツイスビー)エコのレビュー】初心者におすすめの万年筆は台湾にあった

  • URLをコピーしました!
TWSBIeco

どうも、万年筆好きのライトニングスパイラルです。

当記事では、台湾の文房メーカーであるTWSBI(ツイスビー)の、万年筆初心者に最適な「エコシリーズ」を紹介します。

万年筆は様々なメーカーから発売されていて、万年筆初心者だと、どのメーカーを購入すればいいか迷いますよね。

このような悩みは、TWSBIで解決します。

TWSBIは、40年以上有名ブランドのOEMを行ってるから技術力はあり、書き心地には定評があります。

ボディがクリアなデザインは、インクの色を楽しめる万年筆になっています。

ライスパ

というわけで、TWSBIエコシリーズについて、紹介してするからご確認ください!

クリックできる目次

TWSBI(ツイスビー)エコシリーズの外観

TWSBI(ツイスビー)エコ

外箱からおしゃれです。

TWSBI(ツイスビー)エコ

私が購入したのは、イラスタレーターのカラシソエルさんの日本限定1000本の万年筆。

TWSBI(ツイスビー)エコ

箱を開けると「万年筆」「インク」が入っています。インクは「午夜藍(Midnigt Bule)」が入っています。

TWSBI(ツイスビー)エコ

カラシ色が鮮やかですね。

TWSBI(ツイスビー)エコ

全体像はこのような感じです。インク容量がたっぷりなのがわかりますね。

TWSBI(ツイスビー)エコ

ペン先です。このカラシソエルは「F(細字)」のみ。ただエコシリーズは5種類選べます。

TWSBI(ツイスビー)エコ

ペン先を別角度からどうぞ。しっかり細字ですね。

TWSBI(ツイスビー)エコ

ペンのお尻部分。ここを回せば分解できます。分解パーツは箱にセットされています。

TWSBI(ツイスビー)エコ

フックがしっかりしてるから、スーツやバッグにもひっかけられます。

ライスパ

見てもらったとおり、すごくおしゃれでしょ!

見た目のデザインのよさはわかってもらえたと思います。

なので、次にTWSBIエコシリーズの概要を紹介します。

TWSBI(ツイスビー)エコシリーズとは

TWSBIエコシリーズとは、台湾の文房具メーカーのTWSBI(ツイスビー)が発売する、万年筆入門向けのシリーズです。

エコシリーズの「エコ」は“economic=求めやすい価格”に由来します。

その名の通り、価格は5000円台と吸入式万年筆としては破格の価格になっています。

ライスパ

損をしない価格だから、助かります。

TWSBI(ツイスビー)とは?ブランド紹介

次にTWSBI(ツイスビー)というブランドを紹介しますね。

TWSBIは、数々の有名ブランドのOEMを経て、その高い技術力を持っているメーカーです。(OEMを一言で書くと、他社ブランドの商品を製造する事です)

高い技術力と現代的なデザイン性を融合させ、2009年に台湾で誕生しました。

40年以上に渡るOEMで蓄積された経験、技術があるから、質の高い文房具を提供できています。

コスパが良く質が高いから、日本でも注目されているメーカーになります。

TWSBI(ツイスビー)エコシリーズの特徴

TWSBI(ツイスビー)エコ

メーカーの説明が長くなりましたが、TWSBIエコの特徴はこの3点です。

3つの特徴
  • 透明軸だからインクが楽しめる
  • 分解してお手入れができ、インク交換が容易
  • 吸入式万年筆だけど、コスパが良い

万年筆を使う楽しみの一つが、「インクの色」です。インクが好きすぎて「インク沼」にハマる人も多くいます。

一般的な万年筆は、本体が覆われているので、書くまでインクの色がわかりません。

ただ、TWSBIエコシリーズのボディはクリアケースになっているので、インクの色が一目でわかります。

ライスパ

インクを見て、書いて楽しめます。

さらに分解して洗う事が簡単にできるから、インクの入れ替えも楽々です。

そして一番の特徴が価格。インクを吸うタイプの万年筆は1万円を超えるのは当たり前。

それがTWSBIエコシリーズなら5,500円。かなりお得ですよね。


このようにTWSBIエコシリーズは、他の万年筆より優れた3つの特徴があります。

安いだけの万年筆とは異なり、「質が高い万年筆が低価格」というメリットがあります。ぜひ検討してみてくださいね。

→TWSBIエコシリーズの購入はこちら

TWSBI(ツイスビー)エコシリーズを使用した「感想・レビュー」

そして皆さんが気になる実際の使い心地を書いていきます。

結論を書くと、です。こんな感じですね。

私の感想
価格
書き心地
デザイン

基本的には大変満足してます。ただし、稀にかすれるのと、ボディに多少のチープさがあるので、マイナス1点です。

具体的に書きますね。

購入したきっかけ

とその前に、私が購入した購入したきっかけから。購入したきっかけは、見た目のデザインと信頼性。

Instagramで、このカラシソエルのデザインが流れてきて、一目惚れしました。

ライスパ

めちゃくちゃ、かっこよくないですか!?

私はTWSBIのダイヤモンドミニシリーズという万年筆を1本持っていました。

だから、メーカーに対する信頼度もあり、価格も許容範囲でしたので、購入しました。

感想・レビュー

実際に手にした感想は、鮮やかなカラシ色が素敵!

文房具でこのカラシ色は珍しいので、とても気に入ってます

実物を見るまで、安っぽかったらどうしようか不安でしたが問題ありませんでした。

ただし、私の書き方?持ち方?が悪いのか、たまにかすれて書けなくなるので、そこがマイナス点です。(わたしの問題かもしれませんが)

というわけで、多少残念な部分もありましたが、期待通りのデザインとスペックを備えているので、大変満足しています。

ライスパ

購入を検討している人は、参考にしてくださいね。

→TWSBIエコシリーズの購入はこちら

TWSBI(ツイスビー)の商品詳細

商品名カラシソエル
TWSBIエコ カラシソエル
ブランドTWSBI
サイズ長さ:約138mm(収納時)/約167mm(筆記時)
ペン先F(細字)のみ
重量20グラム
価格 エコシリーズ 5,500円(税込)
カラシソエル 8,800円(税込)
公式ホームページ詳細を見る
ライスパ

今回レビューを書いているのは「カラシソエル」という限定色。

「TWSBIエコシリーズ」のカラー展開の一つなので、TWSBIエコシリーズを探している人や、レビューを知りたい人には参考になりますよ。

本記事で紹介しているカラシソエルは、限定色の為、通常5,500円→8,800円となっています。

→TWSBIエコシリーズ カラシソエルの詳細(公式ホームページより)

カラシソエルさんについて

カラシソエル

カラシソエルさん(@karashisoell)は長野県を拠点に活動しているイラストレーターさんです。

手書きの雰囲気をいかしたイラスト制作が得意で、人や動物、道具など様々なものをゆるいタッチで描きます。

このワンちゃんと万年筆も「ゆるくてかわいい」ですね。

カラシソエルさんが、TWSBIの大ファンという事で今回のコラボが決まったとの事です。

カラシソエル

Instagramでは、たくさんのイラストを公開しているので、ぜひチェックしてみてください。

→カラシソエルさんのInstagram

TWSBI(ツイスビー)エコシリーズのメリットとデメリット

TWSBIエコシリーズ

ここからは、私が実際に使用して感じた「メリット」「デメリット」を紹介します。

メリット
デメリット
  • 本体の色が複数ある
  • ペン先は5種類から選べる
  • インク容量が2mlと大きい
  • ワンランク上のシリーズと比較すると、チープ
  • 販売店舗が少なく、実物を見るのが困難

メリット① 本体の色が複数ある

TWSBIエコシリーズは、複数の本体カラーがあり、あなたの好みの色を選択できます。

公式ホームページでは9色確認できたので、紹介します。

カラーバリエーション
  1. ジェイド(21年12月 新発売)
  2. クリア
  3. ブラック
  4. ホワイト
  5. ターコイズ
  6. ライムグリーン
  7. ピンク
  8. サンセットオレンジ
  9. トランスブルー

と、文字で書いてみましたが、わかりづらいですね。画像を貼るので、こっちで確認してください。

画像はすべて公式ホームページから引用させていただきました。

カラシソエルは限定色だから載せていませんが、全部で9色あるから、好みの色を選択できて嬉しいよね。

メリット② ペン先は5種類から選べる

TWSBIエコシリーズは、5種類のペン先から好みの細さを選択する事ができます。

選べるペン先はこの5種類

  • EF 超極細
  • F 細字
  • M 中字
  • B 太字
  • STUB1.1 縦の線は太字、横は細字

別ブランドですが、セーラー万年筆のホームページに「ペン先」の説明がしているページがあり、非常にわかりやすいので、詳細を知りたい人はチェックしてください。

ライスパ

仕事で使うなら、EF(超極細)がおすすめ

メリット③ インク容量が2mlと大きい

TWSBIエコシリーズは、インク容量が2mlと大きくたっぷり補充できます。

一般的な万年筆は、「0.5~1ml」となるので、2~4倍多くインクを格納できます。

では大きいと何が便利か?

  • 1回の補充で長く使える
  • インク交換が面倒な人には時間短縮となる
  • 手が汚れる回数が少なくなる
ライスパ

インク交換めんどせー

万年筆が好きな私でも、たまにインクの補充は面倒に思います。手が汚れたり、知らないうちに飛び散っていたり、嫌になります。

そんな時でも、インク容量がたくさんあるほうが、補充回数が少なくて済むので便利で助かります!

デメリット① ワンランク上のシリーズと比較すると、チープ

ワンランク上のダイヤモンドシリーズと比較すると、チープさを感じます。

例えばグリップ部分は、ダイヤモンドは持ちやすい加工がしてあります。

ツイスビー ALR
ダイヤモンドシリーズの持ち手部分は加工があります。

しかし、エコは無加工です。

TWSBI(ツイスビー)エコ
エコシリーズは、クリアに仕上げてますが無加工です。

価格が安いから仕方ないですが、見た目を重視したい人には向かないかも。

デメリット② 販売店舗が少なく、実物を見るのが困難

TWSBIの販売店は限られているので、実物を見て触ってから判断するのは難しいです。

都内在住の方は問題ありませんが、地方在住の方は苦労するかと思います。

→販売店舗一覧は公式ホームページから(ページ下部にあります)

購入だけならAmazonが正規販売所となっているので、安心して購入できます。

ライスパ

決して安くない価格なので、実物を見てから購入したい人には厳しいかもね。


メリット3つとデメリット2つが、私が使って感じた結果となります。

購入を検討している人は、ぜひ参考にしていただいて、よく判断したから決断してくださいね。

TWSBIエコをおすすめする人

ここまで色々書いて来ましたが、ずばりTWSBIエコシリーズをおすすめするのは、これに該当する人です。

おすすめする人
  • 続くかわからないけど、万年筆を試したい人
  • コスパ良く万年筆を購入したい人
  • クリアボディでインクを楽しみたい人
  • 台湾文房具に興味がある人
  • TWSBIが好きな人
  • 何を買っていいかわからない人

この6つの項目のうち2つに該当したら、即購入すべきです。

ライスパ

勢いも大事です

TWSBIエコシリーズのまとめ

TWSBI(ツイスビー)エコ

TWSBIエコシリーズについて、実際に使用してわかった「特徴」「メリット・デメリット」「レビュー」を中心にまとめてきました。

理解は深まったでしょうか。

3つの特徴
  • 透明軸だからインクが楽しめる
  • 分解してお手入れができ、インク交換が容易
  • 吸入式万年筆だけど、コスパが良い
メリット
デメリット
  • 本体の色が複数ある
  • ペン先は5種類から選べる
  • インク容量が2mlと大きい
  • ワンランク上のシリーズと比較すると、チープ
  • 販売店舗が少なく、実物を見るのが困難

TWSBIエコシリーズは、OEMで培った高い技術を持つTWSBIが手掛けているので高スペックですが、コスパ良く購入ができます。

豊富なカラーバリエーションからお好みの色を選べ、ペン先も自由に選択可能。あなた好みの万年筆が手に入ります。

ぜひ興味を持ったら、ご自身でも調べて購入を検討してくださいね。

→TWSBIエコシリーズの購入はこちら

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。感謝しています。

他にも万年筆やボールペンの記事を書いているので、時間があれば読んでみてください。

ではおしまい、ライトニングスパイラルでした!

TWSBIエコシリーズ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる