まずここからSTART★詳細はこちら★

【soundliberty 97のレビュー】4ヶ月使ってわかったコスパ最強イヤホン

  • URLをコピーしました!

どうも、Soundliberty97を愛用しているライトニングスパイラルです。

主にランニング時に使用していますが、とにかく良いワイヤレスイヤホンなので紹介したいと思います。

もちろん通勤・通学での利用もおすすめですよ!

読んで欲しい人
  • ワイヤレスイヤホンを探している人
  • 安くて機能的なワイヤレスイヤホンがいい人
  • 運動時に使えるイヤホンを探している人
  • 通話ができるイヤホンがいい人
  • 多少濡れても大丈夫なイヤホンを希望する人

ワイヤレスイヤホンを検討中の方は、ぜひチェックしてください。

ライスパ

Soundliberty97を4ヶ月使った実績から、この記事を書いています

クリックできる目次

soundliberty97とは

soundliberty 97は、SUNVALLEY JAPANが発売しているワイヤレスイヤホンです。

(以前はTao tronicsが発売してましたが、2021年に変更になってます。)

メリット
デメリット
  • 圧倒的コストパフォーマンス
  • 防水性のIPX8対応だから、雨・汗は問題ない
  • イヤホン本体で音量調節が可能
  • 急速充電対応だから、10分の充電で2時間の稼働
  • ノイズキャンセリングではない
  • ツルツル滑り、落としやすい
  • 近寄ると高級感はない

Soundliberty97は、某家電を批評する雑誌で、ランキング1位に輝いた実績があるイヤホンです。

※画像引用:MONOQLO2021年1月号

画像の中にも書いてありますが、「4,000円台はマジ安すぎ」です。

ライスパ

安すぎの理由は、次の項目から説明するよ

soundliberty97の特徴

soundliberty 97は、防水規格の最高峰のIPX8に対応し、ジムやアウトドア・ランニングに最適になっています。

またクアルコム社の「TrueWireless Stereo Plus(TWS Plus)」を搭載し、イヤホン単体でも9時間再生できるロングバッテリーです。

→TWS Plus(True Wireless Stereo Plus)の詳細はこちら

難しい単語が出てしまいましたが、すごい技術という認識で大丈夫です。

そのすごい技術を搭載したイヤホンが4,000円台前半で手に入ってしまいます。

このように魅力的なsoundliberty 97の商品詳細を紹介していきます。

soundliberty 97の外観と商品詳細

品名Soundliberty97
BluetoothバージョンBluetooth5.0
イヤホン単体再生時間9時間
合計再生時間36時間
充電時間1~2時間
重量4.2グラム
詳細詳細を見る

細かい技術の詳細をまとめました。

Soundliberty97に搭載されている技術
  • apt-X / ACC 対応 → 音と映像のズレが軽減されクリアな音質、低遅延、安定性を発揮します
  • CVC8.0 → 環境音と声を識別して、通話中の雑音や周囲のノイズを抑制し、快適な通話を実現
  • TWS Plus ペアリング → 音ズレやプチ切れを減らし、バッテリーを長く保つ
ライスパ

細かい技術は知らなくていいので、すごいとだけ覚えておいて

soundliberty 97メリット

メリット
  • 圧倒的コストパフォーマンス
  • 防水性のIPX8対応だから、雨・汗は問題ない
  • イヤホン本体で音量調節が可能
  • 急速充電対応だから、10分の充電で2時間の稼働
  • ノイズキャンセリングではない

soundliberty 97メリット①:圧倒的コストパフォーマンス

soundliberty 97は、4,000円台のレベルの商品ではありません。

特徴や商品詳細で説明した通り、様々な専門技術を搭載しています。

これにより「音質の良さ」「防水機能」「片耳機能付き」など、本来であればもっと高額になるスペックを実現しています。

ライスパ

このスペックであれば、コスパ最強です。

soundliberty 97メリット②:防水性能IPX8対応だから、雨も汗も大丈夫

Soundliberty97の防水性能は完璧です。

IPX8という、『深さ2mの水中に60分沈めても有害な影響がない」と定義されている防水規格です。だから、汗や大雨でも大丈夫です。

私はランニングの際に、このSoundliberty97を使用しています。突然の雨に降られたこともありますが、全く問題ありませんでした。もちろん汗も気になりません。

運動で問題ないので、通勤・通学、雨に濡れても大丈夫です。

ライスパ

スポーツジムで運動する人にも最適です

soundliberty 97メリット③:イヤホン本体で音量調節が可能

Soundliberty97は、イヤホン本体で音量調節が出来てしまいます。

この価格帯で「イヤホン本体で音量調整できる」のは珍しいです。

BOSEとか高額のイヤホンでは実装していますが、5,000円以下のイヤホンだと、私はこのSoundliberty97しか知りません。

イヤホン本体で音量調整できないと、スマホを取り出して調節しないと行けないので、手間で面倒です。

場合によっては、歩きスマホになってしまいます。

soundliberty 97は、本体の側面をタップすれば、音量の調整が可能なので、歩きながらでも音量調整が可能です。

ライスパ

すごく便利です

soundliberty 97メリット④:急速充電対応だから、10分の充電で2時間の稼働

困った人

イヤホン使おうと思ったのに、充電がない・・・

ワイヤレスイヤホンを使っている人なら、一度は経験した事があるのではないでしょうか?

そんな時でもsoundliberty 97のイヤホンは、大丈夫です。10分の充電で2時間使えるようになります!

ライスパ

出発の時間が迫っている時には助かる機能です

soundliberty 97メリット⑤:ノイズキャンセリングではない

困ったビジネスマン

ノイズキャンセリングの方がいいんじゃないの?

こう思う方も多いと思います。

ただSoundliberty97はノイズキャンセリングではありませんが、「外音は適度に取り入れ、音質は高レベル」のイヤホンです。

完全には外の音は遮断しないけど、適度に外音が聞こえるから、周囲に気を配れます。つまり、装着していて安全なイヤホンです。

  • 「降ります」という声が聞こえなくて、どけなかった
  • 車の音に気が付かず、危険な思いをした

というように、ノイズキャンセリングは気をつけないと結構危険だったりします。

ライスパ

ランニング中でも外の音が聞こえ安心です

通勤・通学の人も、ある程度の外音は聞こえる方が安心しますよ。


メリット5つ紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

良さそうな印象を持ってもらえたら嬉しいです。とはいえ、少しだけ気になる点もあるので、正直に紹介します。

soundliberty 97デメリット

私が感じた気になる点は、この2点です。

デメリット
  • ツルツル滑り、落としやすい
  • 近寄ると高級感はない

soundliberty 97デメリット①:ツルツル滑り、落としやすい

ケースの中身はコンパクト

taotronics soundliberty 97は落としやすいイヤホンです。表面がツルツル滑ります。

私はANKER、BOSEやAppleのイヤホンも使ってますが、このSoundliberty97が一番滑ります。慣れるまでは、本体からイヤホンを取るだけでも落とす事が多いので、注意が必要です。

困った人

せっかく買ったのに、落としちゃった・・・

特に注意が必要なのは「駅のホーム」。ケースから取り出す時は、普段より「力を入れ、注意して」取り出す事をおすすめします。

soundliberty 97デメリット②:近寄ると高級感はない

taotronics soundliberty 97は、ブラックにゴールドの色づかいだから、パッと見の高級感はあります。

しかし、近くに寄ってよく見ると、多少チープさを感じます。

とはいえ、他人のイヤホンをじっくり見るケースは少ないと思うので、問題はないかと思いますが、若干チープです。

ライスパ

見た目を重視したい人は、よく考えてから購入しましょう


と、2つの気になる点を紹介してきました。マイナス面もしっかり認識した上で判断してくださいね。

soundliberty 97使用した感想・レビュー

約4,000円という価格を考えれば、非の打ち所がないイヤホンです。

購入前は、聞いたことがないブランドで不安でしたが、雑誌の評価とAmazonの口コミで評価が高く、「まあ大丈夫だろう」と購入しました。

結果的には、大満足のイヤホンとなりました。

私の評価
総合評価
1
2
3
音質
1
2
3
使い勝手
1
2
3

音質は全く問題ありません。ノイキャンではありませんが、十分音に集中できます。

また着信があれば、そのまま通話の可能なので、便利です。通話に対応していないイヤホンだと、イヤホンを外す必要がありますが、それも必要ありません。

防水仕様なのも助かります。雨など水分を気にしないでいいので、雑に扱っても大丈夫なのは心強いです。

唯一の課題はデメリットでも書いた通り、滑りやすい事。駅のホームで落としそうになった時には肝を冷やしました。

ライスパ

AirPods Proを購入できない人は、選択肢にしてもいいイヤホンです。

もっと早く買えばよかったと思えるイヤホンです。

soundliberty 97よくある質問

質問①:タオトロニクスではないの?

以前はTaoTronics(タオトロニクス)が運営していましたが、2021年からSUNVALLEY JAPANに変更になりました。

TaoTronics時代のAmazonの評価は4,000件以上ありましたが、この変更に伴い0件からスタートとなっています。筆者執筆時は、230件の評価があります。

質問②:競合商品はどれになる

Soundliberty97の競合商品は、この2つです。

Anker Soundcore Liberty Neo 2 Ankerの定番のワイヤレスイヤホンです。私も持っています。

Eono(イオーノ) Bluetooth イヤホン Eonobuds1 Amazon限定ブランドです。バッテリー残量が可視化できて便利。

どれを選ぶかは好みなので、ぜひご自身で調べてくださいね。

soundliberty 97おすすめする人

私がSoundliberty97を購入した方がいいと思うのは、これに該当する人です。

おすすめする人
  • 運動時に音楽を聞く人
  • ワイヤレスイヤホンに1万円かけたくない人
  • 便利に音量調整をしたい人
  • イヤホンに特にこだわりがない人
  • 選ぶのが面倒だけど、失敗したくない人

4,000円だから、万が一落としてなくしても我慢ができる金額です。AppleのAirPods Proを落としたときの絶望感に比べたら安いものです。

というわけで、該当した人はぜひチェックしてくださいね

soundliberty 97まとめ

Soundliberty97について、特徴・メリット・デメリットを事例をつけて紹介してきました。

長くなってしまったので、あらためて再掲します。

メリット
デメリット
  • 圧倒的コストパフォーマンス
  • 防水性のIPX8対応だから、雨・汗は問題ない
  • 走りながらでも音量調節が可能
  • 急速充電対応だから、10分の充電で2時間の稼働
  • ノイズキャンセリングではない
  • ツルツル滑り、落としやすい
  • 近寄ると高級感はない

滑りやすいのがデメリットですが、それ以外は大満足なワイヤレスイヤホンです。

価格も安くコスパ最強のワイヤレスイヤホンとなります。ぜひこの機会にご検討ください。

ライスパ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

他にもPC周辺機器やAirPods Proのレビュー記事も書いているので、ぜひ参考にしてください。

おしまい。ライトニングスパイラルでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次