プロレス

【新日本プロレス】G1クライマックス29優勝決定戦 飯伏vsジェイ・ホワイト

Pocket

HEIWA Presents G1 CLIMAX 29

どーもライスパ(@Lspiral00001)です。

本日は毎年恒例の新日本プロレスG1クライマックスの決勝戦に行ってきました。

 

G1の決勝は直近10年で1回だけ仕事で行けませんでしたが、それ以外は全て参戦しています。

ちなみに行けなかったのは真壁が優勝した年、だから「サンキューな!」は観れませんでした。

さて2019年のG1クライマックスです。

今年は

  • Aブロック 飯伏幸太
  • Bブロック ジェイ・ホワイト

が勝ち進んでいました。

どちらが勝っても初優勝。どうなるのでしょうか?

【新日本プロレス】G1クライマックス29優勝決定戦 飯伏vsジェイ・ホワイト

メインイベント 優勝決定戦 飯伏幸太vsジェイホワイト

ジェイ・ホワイト入場。ブーイングあるけど、かっこいい。

 

飯伏幸太入場飯伏幸太入場。集中しています。

 

KENTAも加わり大人数のバレットクラブのtosweet。

 

落ち着いた立ち上がり。
場外への三角飛びは阻止。
人でなしニーは避けられる。痛そう。
足にタックルしてきたジェイを踏みつける。運動神経バツグン。
邪道さんに習ったのか完璧なコンプリートショット。
きれいなブリッジ。基礎はできています。
トップロープからのブレンバスター。
ひとでなしドライバー。完璧にきます。喜びすぎ笑
馳浩先生を思い出させる裏投げ。
1回目のブレードランナーへのポーズ。カッコいい。
怪我している左足首へパイプ椅子。
ITO(イブシタップアウト)。かかる相手により技名が変わる珍しい技。
痛い足でもバイシクルシュート。
トップロープ越しのジャーマン。ヤバすぎ。
気合十分。
シットダウンパワーボム。高い!!
1回目のたぎり。会場はイヤァオと大合唱でした。
ボマイェ(1回目)。
たぎり(2回目)
2発目のボマイェ。しっかりキマっています。
合計2発のハイキック。
ブレードランナー→スリーパースープレックス→クロスアーム式ブラッディーサンデー。
カミゴエかわされブレードランナーの体勢へ。ひっ。
ブレードランナー切り返し、Vトリガー!?
2発目のカミゴエ!
ついに3カウント!!
勝負がキマってからも左足を気にしてました。
お疲れ様。ジェイ。実力はみんな認めてるよ。
歓喜の瞬間。やったぜ飯伏!
インタビューがまともになってる。DDT時代を思い出すと成長したな。
毎年これを観ると終わりと感じます。
お疲れ様でした。また来年。

 

G1クライマックス29 優勝決定戦 感想と今後の考察

令和初のG1クライマックス。

ライスパ
ライスパ
結果的には歓喜の結末となりました。

ヒーローである飯伏幸太とヒールのジェイ・ホワイト。

みんなの期待通りヒーロー飯伏の勝利となりました。

ジェイ・ホワイトもいい戦いをしていました。

しかし、ジェイが勝てばバッドエンドとなり、微妙な空気になったはず。チケット代は1万2000円と高かったから本当によかった。

 

飯伏は昨年決勝戦で棚橋に負け、今年こそという気持ちが強かったはず。

一方ジェイは初の決勝戦。どちらも勝てば初優勝。

 

棚橋、オカダ、内藤がいない決勝戦というのも、新時代を感じさせます。

 

この一線は覚悟の差が出たのかなと思います。

昨年の決勝戦は棚橋vs飯伏でした。優勝した棚橋曰く

「体力とか総合的に見れば飯伏に勝てる部分はない」と言っていました。

それでも勝てたのは「覚悟」の差と!

 

棚橋の言う覚悟とは、団体を背負うエースとしての覚悟。

そこに飯伏は昨年負けた形となりました。

 

それから1年後のG1。

飯伏も新日本プロレスに入団し本体として巡業にも参加し活動しています。

飯伏のG1にかける想いも伝わってきました。

 

それと比べると、ジェイはまだ浅かったのかなと思います。

でも26歳であのような戦いができるのは末恐ろしいです。オカダカズチカが出てきた時を思い出しますね。

 

試合の詳細は、一進一退の攻防。終盤ブレードランナー決まったときの絶望感はやばかったです。

ジェイ・ホワイトの2回目のブレードランナーが決まってたら勝負ありだけど、何で飯伏は切り替えせるんでしょうか。

飯伏が勝ったことで、2020年1月4日の東京ドームは、

「オカダカズチカvs飯伏幸太」と考えればいいのかな?

 

8月イギリス。

  • オカダvsみのる

10月両国。

  • 「オカダvsみのる」の勝者 vs SANADA
  • 飯伏幸太 vs KENTA

でも今のKENTAでは説得力なさそう。どうすんだろ。

 

他ベルトはこんな感じかな。

  • インターコンチは、内藤vsタイチ。
  • USは、モクスリーvsジュース。
  • NEVERは、石井vs鷹木。

 

今回はメインイベントだけの更新になったので、次回は他試合をアップしていきます。

ではまた。

※2019年 G1クライマックス 最終日の全試合はこちらからどうぞ。

【G1クライマックス29】新日本プロレス 8月12日 第一試合〜優勝決定戦!(画像大量)

https://l-spiral.com/g1climaxfinal/

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
amazonがおすすめ!
Pocket

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!