書籍・映画

「交渉」は相手を知る事。「武器としての交渉思考」瀧本哲史

Pocket

帯の文字が「2012年」なのがいいですね。

 

2020年5月に発売された瀧本先生の

2020年6月30日にまたここで会おう」を読み非常に感銘を受けました。

その影響もあり、瀧本先生の他書籍も読んでみようと思いました。

 

困った人
困った人

今回読んだ「武器としての交渉思考」は、約10年前に購入していました。

約10年前に一度読んだはずですが、今では「全く覚えていません」でした。

 

 

この「武器としての交渉思考」は、読み終わった感想として、

ライスパ
ライスパ
非常に勉強になる本でした!

それなので、自分の備忘録用として、そして瀧本先生に共感する人向けに記事にしました。

 

この本を読めば、

・交渉とは何か、が理解できるようになる。

・交渉の事前準備と交渉手法がわかるようになる。

・交渉スキルが身につき、対人関係や仕事が上手くいくようになる。

こんなメリットがあります。

 

醤油取って!

も、交渉の一つと考えられます。

つまり、

人生は交渉だらけです。

だからこの交渉スキルは身につけておいて損はありません。

これから「武器としての交渉思考」を読む人の参考になれば嬉しいです。

では、具体的な解説をしていきたいと思います。

どうぞ!


私が、この本を読んだ目的、狙い。瀧本先生の言葉を知りたかった。

  • 本業では営業をしているので、交渉スキルを向上させるの為
  • 「2020年6月30日にまた会おう」の書籍の中で交渉の項目があり、非常に参考になり、より深く知りたくなった。
  • 瀧本先生の言葉をもっと読みたかったから。
  • 10年前に読んだのに、全く覚えていなかったから。

私が、読んで良かったと感じた事。本業に活かせそう!

  1. 交渉に関する理解が深まり、実践でき、本業に活かせそう。
  2. 100%勝つ交渉は少ないので、落とし所を設定する事が大事
  3. 交渉は事前準備が大事
  4. 交渉がうまく使えれば、人生を良くすることができる

では、具体的に各項目の説明をしていきたいと思います。

その1 交渉に関する理解が深まり、実践でき、本業に活かせそう。

私の交渉のイメージは、

「映画やドラマで、凄腕の交渉人が相手を打ち負かす!」

みたいなシーンを想像していました。

 

しかし、実際は冒頭で例として書いた、「醤油取って!」も交渉の一つです。

 

■交渉の役割

  • 相手に行動してもらうために、お互いの利益になる所を調整する事。

「交渉」を難しく考えていましたが、実は昔から行っている事でした。

だから難しく考えないで、気軽に考えるようにするのがいいと思います。

 

交渉の役割、メリットや手法も学べるので、副業だけでなく、本業の仕事でも活用できると思いました。

しっかり、実行に移せばスキル100倍!

 

その2 100%勝つ交渉は少ないので、落とし所を設定する事が大事

普段の生活の中では、裁判のように100%白黒をつける事はほぼありません。

■交渉で大事な事

  • お互いの利益が出る所で落とし所を見つける事が大事です。

相手を打ち負かしては、今後の関係も微妙になりかねません。

お互いにメリットが出る所で調整していきましょう!

 

その3 交渉は事前準備が大事

先程落とし所を決めるのが大事と書きましたが、落とし所を決める為に大事なのが、事前準備です

■交渉をする為の事前準備のポイント

  • 相手の主張を聞いて、何を求めているかを把握する。
  • 相手が譲れない事、金額を想定する。
  • 自分自身が譲れない事を決めておく。

簡単に書くと、

相手が求めている事をしっかり聞いた上で、できる事できない事を明確にします。

その際に、自分自身でも譲れない部分と、相手にはここまでして欲しいという落とし所を決める。

ここまで準備ができれば、交渉が成功する確率が高くなります。

 

その4 交渉がうまく使えれば、人生を良くすることができる

繰り返しになりますが、交渉は生活の至る所に存在します。

だから早いうちに勉強し、交渉の方法を覚えればメリットたくさんです!

■交渉を覚えるメリット

  • 相手に行動してもらいたい事が実現できます。
  • Win-winの関係が築ける。
  • 人生を優位に進める事ができます。

せっかくなら早いうちに知っておいた方がお得ですよね。

私が、書籍内容で参考になった具体的な項目。

具体的に参考になった項目はこちらです。書籍の章ごとに分類してみました。

0章 交渉とは。

  • 合意を作り出すのが「交渉」
  • 本気で世の中を動かすなら、権威者からの支援を得よ。
  • 異質なものと結びつく事で変化が起こせる。

1章 人を動かすためには?

  • 常にロマンとソロバンの両方を考えよう
  • 金儲けはかなり大事
  • 人を動かす為には「具体的なメリット」を提示する

2章 交渉は「利害調整」が大事

  • 交渉の意思決定権者は相手と自分
  • 僕が可愛そうだからどうにかして、では交渉にならない
  • 相手の主張をたくさん聞いたほうが勝ち
  • パイを奪い合うのではなくて、パイの前提を見直したり、パイを大きくしようと努力する事が大事
  • 交渉は「利害の調整」が最大のポイント

3章 どの条件を提示するか!

  • 交渉は最初のアンカリングで決まる
  • 無条件の譲歩は絶対にしない
  • 相手にとって価格が高いが、自分にとっては価値が低いものを譲歩する。
  • ゼロイチ思考に陥るな

4章 相手の心理も考えよう

  • 相手の価値観は絶対に変えられないから、尊重して合わせるしかない
  • 合理的・非合理的な交渉を問わず、やはり相手の分析が最重要

言葉の意味

  • バトナ・・・相手の提案に合意する以外の選択肢のなかで、いちばん良いのも
  • ゾーパ・・・合意できる範囲の事
  • アンカリング・・・最初に印象に残った言葉や数字が、その後の行動を無意識のうちに縛ってしまう効果を言います

まとめ この本を読んで、自分は今から何をするか?

読んで終わりではなく、アウトプットをしてスキルを身に付けていきたいと思います。

■私が今後行う行動

  • 交渉する前の事前準備を行う。その際は相手を分析する。
  • 落とし所を事前に決め、そこに向けてのストーリーを作る。
  • 相手にとってもメリットがある提案を行う。

 

この本を短文でまとめると、私の場合はこうなりました!

交渉時は事前に落とし所を決める。

その落とし所を決める為に、特に相手の情報収集を行い、分析する。

双方にメリットがでる提案を考え、ストーリーを作成する。

これらの事を忘れずに行います。

さらにそれを忘れない為に手帳にメモします。

これらが行えれば、交渉スキルがあがり、対人関係の上手くいくようになり、人生が豊かになります。

この「武器としての交渉思考」に興味がある人が是非参考にしてみてください。

瀧本哲史先生の言葉が残された数少ない書籍となるので、是非!

私が2020年に読んだ書籍一覧です。

書籍・映画(2020年1月~)

https://l-spiral.com/bookmovies202001/

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
amazonがおすすめ!
Pocket

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!