転職

【マイナビ 転職】マイナビエージェントの評判は?メリットを3つのポイントに絞って解説します!

Pocket

この記事は転職を検討中で人材紹介会社を探している人向けに書いています。

どこの転職エージェントにしようか迷っている人は是非参考にしてください。

困った人
困った人
マイナビってよく聞くけど、エージェントはどうなの?
ライスパ
ライスパ
大手ならではの強みがあるから、幅広い人におすすめだよ

というわけで具体的に説明していきたいと思います

マイナビで転職するなら「エージェント」の活用を!

まずはマイナビエージェントの説明を公式HPより

引用:公式HP

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

転職市場を知り尽くしたキャリアアドバイザーがブレーンとなり、あなたにマッチした転職を提案します。

つまり大手マイナビグループが大手から中小企業まで案件を保持し、あなたのフォローもばっちり行いますとのことです。

利用するべき3つのポイント。

メリット

・大手マイナビグループの為案件が多数

・マイナビエージェントの約80%が非公開求人。

・専門分野に特化したサービスがある

その① 大手マイナビグループの為案件が多数

マイナビグループだから大手企業ともつながりが多くあります。

またマイナビ転職という媒体のサービスもあるので、媒体で集められない経験者をこのエージェントサービスで活用するという企業様もいらっしゃいます。

だから仕事を探す側としても、大手から中小企業まで多くの案件があるので、自分にあった企業を紹介してもらうことが可能となります。

その② マイナビエージェントの約80%が非公開求人。

先程多くの案件がある事が説明しました。その80%が非公開求人となっています。

 

探す側は「登録しなければわからないじゃん」、と思う方もいるかと思いますが、企業側の事情も存在しています。

どういう事かと言うと、大手企業が公開してしまうとそこに案件が集中してしまいます。

例えば今CMで話題のIndeedが求人を公開したとすると、みんなそこへ応募してしまうので、企業側は応募者対応で終わってしまう懸念があります。

だから社名を非公開にして、基準にあった人だけを選んで選考となるのです。

 

逆に応募者側から考えると、その基準に合えば選考に合格する確率も向上します。(それが大変って事もありますけど)

人材紹介会社の多くは非公開求人が多いので、その中で8割をしめるマイナビを利用すると、内定の決定率が高くなる傾向にあるかと思います。

 

ちなみに、行きたい企業が明確になっている人は、その企業のHPから申し込めばより確度は高くなるので、HPから申し込んだほうがいいです。

一方で人材紹介は、その人のスキル、年齢、経歴に応じて、ここがベストという会社をエージェント側が推薦してくれるサービスです。

だから非公開が多くても気にしなくていいかと思います。

その③ 専門分野に特化したサービスがある

マイナビは大手企業らしく様々な専門サービスがあります。

「専門職の経験がある、スキルがある」という人には、これらのサービスはオススメです。

なぜなら専門に扱っているので、その専門職を紹介してくれるからです。

例えば、保育士、看護師、営業職、女性など何かに特化したスキルがあれば、それにあった専門サービスがマイナビにはあります。

調べてないのでなんともですが、おそらくこの専門サービスの豊富さは業界No1クラスかと思います。

保育士

働き方で選ぶか、条件で選ぶか。選べる案件が豊富にあります。
マイナビ介護職

コメディカル

作業療法士、理学療法士など案件が複数あります。
マイナビコメディカル
ITエンジニア

プログラムからサーバー管理など、ITに関する案件が豊富です。

営業職

1年目から10年戦士と言われるベテランまで対応可能。

金融業界

金融業界は狭くて広い世界です。

女性の転職

業界問わず多数の案件があるので、活用できるかと思います。

第二新卒の転職

通常の人材紹介だとスキルがないと案件の紹介がなくて困るかもしれません。

しかし、マイナビは豊富に取り揃えています。

介護職

全国津々浦々の案件があるので、近所で条件がよい案件を選べます。
マイナビ介護職

その他多数あります。

よく聞いたことがない人材紹介会社が専門サービスに特化してサービスをおこなっていますが、そこを利用するのであれば、マイナビをおすすめします。

なぜなら信頼度と案件数はやはり差があるからです。

(参考)全国に10箇所の面談場所がある。

マイナビをおすすめする「ポイント3つ」と書いていますが、あえて4つ目を書かせていただきます。

それは面談場所についてです。

一般的に人材紹介会社へ登録後、面談(対面、電話)を行う事と思います。

その際に多少遠くても一度は担当者と話をして自分の方向性を理解してもらいたいですよね。

マイナビであれば、全国に10箇所面談場所があるので、比較的通いやすいと思います。特に首都圏は、「東京」「新宿」「横浜」と3箇所あるので、非常に便利です。

 

多くの人材紹介会社のサービスは「面談を電話でも行える」ところが多いです。

しかし、私は電話と対面では大きな差が生まれると思っています。

細かな表情の違いや、すぐに質問できる点など、電話でもできなくないですが、やはり対面に強みがあると思います。

だから全国に10箇所面談場所があるマイナビに強みがあると思います。

デリメットは地味・・・

今まで良い点、メリットを伝えてきましたが、デメリットも1点だけ紹介しておきたいと思います。

2番手のイメージがある。

これはイメージの問題なので、なんとも難しいですが、マイナビはどうしても2番手のイメージがあります。

多くの人に聞いても1番目に思い浮かぶサービスに、

「リクルートエージェント」「ビズリーチ」があります。

その次のグループとして、「マイナビ」「エン」「doda」といった感じになります。

 

ただし、個人的にはそこまで気にしなくていいと思います。

なぜなら、昨今は人材紹介会社を併用するのが一般的だからです。

例えば、リクルートエージェントとマイナビ、dodaの合計3社を利用するとかね。

ちなみに私は5社登録してますし、マイナビに2番手のイメージがあっても問題ありません。

(だったら書くなよと・・・)

最後に!マイナビエージェントはこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ

幅広く紹介をもらいたい人

専門スキルがある人

家の近くに面談場所がある人

マイナビエージェントはマイナビグループの為、大手企業から中小企業まで様々紹介案件を持っています。

また業種・職種で分類した場合でもほぼすべてに対応しています。

さらに専門サイト・サービスを所持しています。

つまり、目立ったスキルや職歴がない人から、専門スキルを持った人まで幅広く対応する事ができるサービスなので、多くの人にオススメするサービスとなります。

だから、まずは登録して非公開求人からの紹介をもらってから他紹介サービスと併用するのがよいかと思います。

では良い転職活動を!!

↓紹介された企業の口コミを確認した場合はこちらがおすすめ。

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です