ランニング

伊豆大島マラソン2019 前日~当日の流れ。コースの注意点も!

Pocket

前回に引き続き「伊豆大島マラソン」について記載していきます。今回はレース前日の雰囲気から当日の注意点や気がついた点などをまとめてみました。

前回の記事はこちら

【感想】伊豆大島マラソン2019 準備段階で不安だった11個をまとめたブログ勢いで申し込んだ「伊豆大島マラソン2019」ですが、無事完走できました。 準備段階から不安だった点を中心にまとめてみました。伊豆大島マ...

引用:伊豆大島マラソン公式HP

https://www.shining-foundation.org/izu-oshima-run

伊豆大島マラソン2019 大会前日~当日

前日 無料ランニング講習会と前日受付

大会前日にスタート地点である元町港で、無料ランニング講習会と前日受付を行っていました。

メインはこの3名でした。西田隆維さん、原裕美子さん、SUIさん。

原さんって「ザ・ノンフィクション」の人???気になってもググらないようにね。

私は16時に到着したので、ほぼ終了の段階で合流。やはり人はまばらですね。

その後宿へ行き、荷物を置く。ゆっくりすると寝てしまうのでそのまま夕食へ。

夕食は元町港から徒歩4分の「肴や」。美味しいよ。

肴や 伊豆大島大会前日なのにビールを飲んでしまった!
肴や 伊豆大島おすすめのお刺身の盛り合わせ。身が厚くて、歯ごたえあって美味しい。
伊豆大島 肴や おでんおでんも美味しい。様々な料理がありました。揚げ物も美味しそうでした。
伊豆大島 肴や ハラスハラスというか鮭です。脂身が美味しい。ご飯が欲しくなります。
肴や 伊豆大島 焼きおにぎり思わず頼んでしまった焼きおにぎり。ボリューム満点。

宿は夕食なしコースだったので、近くの「肴や」という居酒屋さんへ。

そういえば、一人で居酒屋入るの初めてかもしれない!!

夫婦でやってたのかな?おばちゃんは気さくで気が利く方で、旦那さんは職人って感じ。美味しかったので、結果的に2日ともこの店に通いました。

1週間前から我慢していたビールを頼んでしまった。その後宿へ帰り、映画を1本見てから就寝。(観たのは「ドクター・ストレンジ」)

大会当日 スタート~ゴール、それから公衆浴場へ

6:30に目覚ましをセットしたが、6:00過ぎには目が覚めました。

緊張ではなく、普段5時間睡眠なのに、7時間近く寝たので自然と目が覚めました。

朝食は、東京から持参していた「おにぎり1個、バナナ」を食しました。

チェックアウトを済ませて会場へ。歩いて3分だったから楽!予約するなら元町港周辺をおすすめします。

会場は思った以上の人の多さでした。当日朝に船で着いた人達が多かったのかな。

宿で着替えを済ませてたから荷物を預けるだけ。やっぱり近いと楽です。

伊豆大島マラソン 会場朝7:45頃の会場の様子。
伊豆大島マラソン 会場ブルーシートの部分が荷物置き場。

多くのマラソン大会は野ざらしの事が多いのですが、

この大会は参加人数が少なく、スタート地点は建物のすぐ隣。施設の中に全員入れるスペースがあるので、みんなここで待機。寒さを感じることはほとんどありませんでした。(地味に嬉しいポイント)

山登りの注意点

伊豆大島マラソン スタート前あんこ猫という伊豆大島のゆるきゃらも参戦。
伊豆大島マラソン スタート前この後みんなで記念撮影してました。
伊豆大島マラソン スタート前スタート直前画面の左端のアニオタと遭遇。メンタル強いよ。

スタート前に記念撮影。(私は写ってないけどね)そしてついにスタート!!

島の外周を1週するコース。最大高低差365メートルという特徴があるコースです。前半戦に山登りがあるので、非常に遅いペースで走りました。

通常1キロ5分30秒くらいですが、この日は1キロ6分ペース。

一つ驚いたのが、コースは車道を走りますが、全部を通行止めしているわけではなく、2車線のうち、1車線は完全に開放して、残り1車線をランナーと車が走る感じでした。何回かマラソン大会に参加しているけど初めてでした。

車のすれ違いがある時は多少ヒヤッとしますが、交通量が多くないので、全然問題ありませんでした。

スタート直後に眼前に富士山。とにかくきれいでした。
天気も海も青くてきれい。風がなければ最高だったんだけど。

ミスその① 上りが何キロまであるか把握していなかった

体力を温存しつつ12キロ過ぎについに上りに差し掛かりました。ここで私が犯したミスは

「上りが何キロまであるか把握していなかった事」です。

 

おぼろげながら覚えていたのは、下りは23キロからという認識でいたのですが、頂上が何キロかわからず走ってしまいました。これにより、

「いつまで続くんだよこの坂!!」

というテンションでず~~っと山登りしていました。

 

だからこれから走る人に言いたいのは、

「上りは12キロ~18キロまで、下りは22キロ~28キロまで」

これをしっかり覚えておけば、自分の体力に合わせて走れます。

ミスその② 上り坂で歩かなかった事。これで体力なくなった。

ちなみに、私が犯した2つ目のミスは

「意地になって上り坂を歩かなかった事」です。

先がわからない中で走る続けた事で、結果的に折返しの21キロ時点で体力は残り25%となっていました。冷静に考えると6キロ近く登り続けるので、歩かないと無理です。

意地を貼らずに無理なら無理で歩きましょう。

その③ 下りはゆっくり下りましょう。

もう一つアドバイスとして、

下りが6キロ続くので「想像以上に足にきます」

普段の練習で6キロ下り続けることはないと思いますし、調子に乗ってスピードは出さない方がいいと思います。

これで私は30キロ過ぎに、走るのが困難になり、歩きとジョグになりました。さらに翌日初めて「右膝の裏」が痛くなりました。足の踏ん張りがきかないよ〜。

伊豆大島 バームクーヘン断層今度見る時は体力が余った状態でここまでたどり着きたい。

30キロ~ゴールまでは地味な上り下りが続きます。35キロ過ぎに名物のバームクーヘンの断層がありますが、観る余裕はなく2枚撮影して終わりました。

39キロ過ぎに最後のエイドがあり、そこで食べたみかんが「今まで食べたみかんで一番美味しかった」です。

ここで頑張れると思ったのもつかの間、この勢いは500メートルしか続かず、最後の3キロは1キロ8分ペースで走りました。遅っ!

ラスト10キロくらいは前後を同じ人が走っていたので、勝手に仲間だと思っていました。

紫色のノースリーブとショートパンツの女性とずっと抜きつ抜かれつで走っていましたが、「負けてられない」と思って走っていました。

同じくC3のタイツを履いている男性にも負けたくないと思ってましたが、圧倒的差がついて惨敗となりました。

ゴールから公衆浴場へ。さっぱり快適!

そんなこんなで無事ゴール。4時間55分。今まで6回フルマラソン走りましたが一番遅かったです。

しかし、「変な達成感は一番ありました」

伊豆大島 牛乳アイス

そこから、無料で振る舞われアラ汁と牛乳アイスを食し、徒歩4分の「浜の湯」へ行きました。

走った後の温泉はやはり快適。

ここは公営施設なので、きれいな所がいい人は隣に「愛らんどセンター御神火温泉」があるので、そこへ行くといいと思います。

浜の湯は水着着用なので、水着を忘れないように。また、タオルの貸し出しはないので、持参しましょう。

さっぱりして、近くの食堂でお昼を食べ、「紅屋」というスーパーで飲料水と軽食を購入し宿へ。

3時間くらい爆睡。

その後、1日目に行った居酒屋へ行き、祝杯のビールで一人で乾杯!宿へ戻り、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス」を見て就寝。やはり爆睡。

スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】

最終日 お土産購入。名物は「椿オイルと牛乳煎餅」

伊豆大島 おともだち刺し身4点盛り定食。量は少なめだったけど、朝だからちょうどよかった。
伊豆大島 おともだちおともだちの外観です。

最終日の朝は、宿の朝食をあえて無しにして、元町港近くの「おともだち」というお店で

刺し身定食をいただきました。プリプリしていて旨味が詰まっていて美味しかったです。

 

私が食べ終わるくらいで、ゲストランナーだった西田さん?が入ってきたのかな?近くで見るとイケメンでしたね。

港周辺のお土産屋さんでおみやげ購入。台風19号の影響で今年は「椿油」の入荷が激減したらしいです。だから私が買ったのは小瓶でした。

また別のお土産屋さんで牛乳煎餅を購入し、11時のジェット船へ乗り、無事帰宅となりました。

完走後の旅の感想。なんだかんだ楽しかったです。

思い返すと、初めての一人船旅。初めての離島。

つら~~いフルマラソンでしたが、完走後の爽快感は最高でした。

また来年エントリーするかどうかはわかりませんが、いつかはまたエントリーするのは確実です。

2泊3日お疲れ様でした。

そして大会のボランティアの皆様や、伊豆大島の皆様ありがとうございました。楽しかったさ~!!

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です