プロレス

【KAMINOGE95】アントニオ猪木のインタビュー。超貴重!

Pocket

今月から「KAMINOGE」の定期購読を始めました。

通常の発売日より1日早く家に届きました。

定期購読はわざわざ発売日に本屋に行かなくていいし、楽でいいね。

期限は半年ですが、継続していきたいと思います。

KAMINOGE95 スペシャルゲスト アントニオ猪木 他

インタビュー① アントニオ猪木(聞き手 ターザン山本)

この2人を知っている人からすれば、この絡みは何が起こるかわかりません。

内容は前半は先日亡くなってしまった奥様について。

猪木さんは超絶惚れられていたみたいです。

インタビューを読むと、幸せな2人だった事が伝わってきます。

途中お金の話になりましたが、その後馬場さんとのエピソードも。

特に印象的だったのは、

馬場さんがなくなる1ヶ月前に、馬場さんが猪木さんに「おまえはいいよなぁ」と言ったそうです。

猪木さんは馬場さんは守りの人生だから、猪木さんの破天荒さに憧れていたのではと。

ちなみに猪木さんは馬場さんを兄貴的な存在と言っています。

  • 人の魅力というのは、自分で考えて出すものじゃない。直感だ。
  • これからの人生、大義をかざして生きてみたい。
  • 人生が最強になる言葉「ざまーみろ」「どうってことねえよ!」。
  • 力道山は超えられないけど、力道山にやれなかった事はできたかもしれない。
  • 最後の晩餐。馬場さんはいちご大福、猪木さんはふぐを食べたい。

最後にターザン山本が猪木さんに10の質問をしているので、気になる人は買って読んでみてください。

今月の名言:「何が起ころうと猪木は猪木だよ」by村松友視

インタビュー② 朝倉兄弟 朝倉海

佐々木憂流迦選手にKO勝ちした翌日のインタビューです。

KO勝ちした佐々木戦の作戦や大晦日の堀口戦について語っています。最近のこの強さはガチかなと思います。体つきの充実さや表情にも自身に溢れています。

UFCのチャンピオンになるのはお兄ちゃんよりこの朝倉海かなと思います。

このインタビューの最後に飯伏幸太が朝倉兄弟に会いに言った話もありますよ。

桜庭和志、リック・スタイナー、大橋秀行のインタビューあり

QUINTETを開催している桜庭和志、90年代の新日本プロレス常連外国人のリック・スタイナー、井上尚弥のジムの会長に大橋秀行のインタビューが掲載されています。

この中では特に大橋秀行会長の話が面白かったです。

  • 喧嘩で強くなりたい人はボクシングではなく、総合を勧めている。
  • 井上尚弥との話。
  • 意外と詳しいプロレスの話

が興味深く書かれています。

そうだ最後にバトラーツの石川選手の話もあります。越谷のジムからWWEスーパースターであるASUKAが生まれた話は非常に興味深く読めると思います。

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
amazonがおすすめ!
Pocket

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!