買って良かったガジェット10選★詳細★

【ランニングシューズの選び方】1万キロ走破のランナーが解説「要チェック」

  • URLをコピーしました!

どーもサブ4ランナーのライスパです。

当記事は、初心者ランナー向けに「ランニングシューズの選び方」を解説した記事となります。

私は2009年10月からランニングを開始し、走行距離は1万キロを超えています。そんな私もランニングをスタートするときは、「どんなシューズを選択すればいいか、迷いました。」

このような方も多いかと思い、簡潔にシューズの選び方をまとめました。

参考になる人
  • シューズを何で選べばいいかわからない人
  • これからランニングをスタートしたい人
  • 初心者ランナーの人
  • シューズは持ってるけど、足に合わなかった人

サクッと読める内容にしたので、是非チェックしてください。

ライスパ

一応1万キロ走った証拠を貼っておきますね笑

ランニング 履歴
年間900キロくらいです
クリックできる目次

ランニングシューズの選び方

私が考えるシューズ選びのポイントは3つだけです。

と、その前に大前提を一つ書いておきます。

「ランニングシューズは、お店で履いて決めよう」という事です。

ランニングシューズは1~2万円が一般的な相場です。仮に足に合わなかったら、単純にお金が勿体ないです。

また、足に合わないシューズを履き続けると、「故障」「つまらなくなる」原因になります。

ライスパ

というわけで、店頭で履いて決めてくださいね。

では、早速ポイントを解説します。

選び方のポイント
  1. 厚さで決める
  2. メーカーで決める
  3. 直感を信じる

選び方のポイント①:厚さで決める

1つ目のポイントはシューズの底の「厚さ」です。

初心者ランナーは、「厚底がおすすめ」です。なぜなら、着地の衝撃を吸収してくれるからです。

薄底だと着地の衝撃が「もろに足にきます」。この状態が続くと、「足首」「膝」に痛みがでてしまいます。厚底であれば、衝撃を吸収してくれ、快適なランニングが可能になります。

一時期「足袋のランニングシューズ」が流行りましたが、あれは上級者向けです

ライスパ

厚底のシューズを選択しましょう

選び方のポイント②:メーカーで決める

二つ目のポイントは、ランニングシューズを発売している「メーカー」で選択する事です。

初心者におすすめのメーカーは「アシックス」「ナイキ」「アディダス」「ミズノ」の4つです。もちろん上級者向けのシューズも発売していますが、初心者向けシューズも充実しています。

お気に入りのメーカー、ブランドがあれば、そこで決めるのもいいと思います。(ただ試し履きはしてね)

ライスパ

私は、様々なメーカーのシューズを履いた結果、足幅がぴったり合う「ナイキ」に落ち着いています。

選び方のポイント③:直感を信じる

3つ目は「直感」です。

困った人

具体的なアドバイスが欲しい・・・

なぜ直感?と思われた方もいると思いますが、「最後は直感」です。

①②を実行し、足に合うシューズが選べたとしても、「価格」「カラー」が合わなかったら納得がいく買い物はできませんよね。

また、足に合うシューズが複数見つかった場合、最後決めるのは「直感」です。

ライスパ

このシューズとなら、楽しく走れると思えるシューズを直感で選びましょう


ランニングシューズの選び方のポイントを解説しました。

この選び方3点と、お店のショップ店員さんにアドバイスをもらって、納得のいくランニングシューズを手にしてくださいね。

ランニングシューズが合わなかった場合の対処法

ランニングシューズを納得して購入したけど、実際走ってみると「あれ?」「ちょっと合わないかも?」と思う事もよくあります。

そんなときは、応急処置としてこの手法を試してみてください。

手軽にできる対処法
  1. 靴下の厚さを変更する
  2. 5本指ソックスを試してみる
  3. インソールを入れる
  4. 靴紐で締め付けを調整する
  5. 靴紐の代わりにゴムを使う

対処法①:靴下の厚さを変更する

シューズを履いたときに、シューズが「ぶかぶか」「きつい」など、締め付けに関する悩みがある場合は、「靴下」で調整が可能です。

  • ぶかぶかの場合・・・厚めの靴下を履く
  • きつい場合・・・薄手の靴下を履く

靴下は、「靴下屋」の公式オンラインストア〜Tabioで検索してみてください。

対処法②:5本指ソックスを試してみる

足の指にマメができてしまう場合に、効果的なのが「5本指ソックス」です。

指通しの摩擦を防いでくれるので、快適に走る事ができます。

対処法③:インソールを入れる

シューズのインソールを入れ替えるのも、効果的です。

厚めのインソールに変更すると、「クッション機能」が充実します。

さらにプラスのメリットは「足のアーチサポート」「フィット感の向上」「快適性が向上」というようなメリットを得られます。

対処法④:靴紐で締め付けを調整する

対処法の4つ目は、単純に「靴紐」を緩めたり、きつくしたりしてみましょう。

ジャストサイズと思っていたけど、実は違ったという事はよくあります。様々な締付けを試してみて自分にあった、具合をみつけてください。

ライスパ

プライベートは「緩めが好き」。でもランニング時は「キツめ」がしっくりきています

対処法⑤:靴紐の代わりにゴムを使う

最後の対処法は「ゴム」の活用です。10年くらい前から、「COOLKNOT」というゴムを靴紐に活用するサービスがでています。

COOLKNOTの良い点
  • ゴムが伸びて、ちょうどいい締め付けになる
  • 靴紐がほどける心配がない
  • 一度調整してしまえば、緩む事がない

便利すぎるアイテムです。

COOLKNOTのゴムを活用すれば、シューズの締め付けもちょうど良い調整ができます。

ライスパ

新しいシューズを購入するたび、COOLKNOTを装着しています

キャタピランという類似商品がありますが、こちらは偽物なので、誤って選択しないようにしましょう

ランニングシューズの選び方のまとめ

ランニングシューズの選び方と、対処法を解説してきました。

改めて振り返っておくと、選び方はこの3点を大事にしてもらえば大丈夫です。

選び方のポイント
  1. 厚さで決める
  2. メーカーで決める
  3. 直感を信じる

購入後に問題がなければ、一番いいですが、仮に合わない場合は、これを試してくださいね。

手軽にできる対処法
  1. 靴下の厚さを変更する
  2. 5本指ソックスを試してみる
  3. インソールを入れる
  4. 靴紐で締め付けを調整する
  5. 靴紐の代わりにゴムを使う

ぜひご自身の足にあったシューズでランニングしてくださいね。

というわけで、最後まで読んでいただきありがとうございました。少しでも参考になれば嬉しいです。

では、良いランニングライフを送ってください。ライトニングスパイラルでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる