媒体・採用活動

【求人 媒体】掲載手法は何がある?何が効率的?おすすめを紹介します。

Pocket

アルバイトを採用したいけど、媒体は何がいいかわからない。そんな方向けの記事となっております。

困った人
困った人
検索したけどたくさん出てきてわからないよ

困った人
困った人
掲載しても応募来ないとお金もったいない。他になにかある?

困った人
困った人
結局何がいいの?

ライスパ
ライスパ
求人の主な掲載手法が3つあります。おすすめも紹介しますよ。

求人媒体の大枠はこの記事を読んでもらえればわかります。

まずは基本的な採用手法から解説していきたいと思います。

求人媒体の種類は主に3パターン

今回は求人媒体の掲載タイプについて紹介します。

掲載は主に3パターンあります。

・掲載課金

・応募課金

・採用課金

それ以外もあるかもしれませんが、ほぼこの3つになります。

だからまずこの3パターンだけ覚えておいてください。

その① 掲載課金タイプ

これは文字の通り、原稿を掲載する場合にお金がかかる手法です。

有名な媒体は、

掲載課金の媒体

・タウンワーク

・フロムエーナビ

・マイナビバイト(一部応募課金もあり)

・バイトル

・はたらいく

など他たくさん

などなど耳にしたことのある媒体の90%くらいは掲載課金でないでしょうか。

ちなみに私は「求人掲載について」昔からこの例えで教えられていました。

掲載課金は先物取引と同じ。もしくは公営ギャンブルだぞ」

つまり、「効果が出るかわからないビジネス」という意味です。

具体的に説明します。

一般的にはお金を払えば対価として商品が買えます。

しかし、求人媒体(掲載課金)は、お金を払っても効果があるかわかりません。

例えば、「ラーメンと餃子」を例にしたいと思います。

「ラーメンと餃子の定食が800円」だったならば、800円払えばラーメンと餃子は食べられます。

このように、一般的にはお金を払えばその対価を受け取れます。

しかしこの掲載課金は、掲載する事にお金がかかるので、応募効果は全く担保していません

つまり応募数が100件でも0件でも、掲載する事への費用なので、応募が0件でも契約は成り立っている事になります。だから応募数は保証していません。

だから媒体の営業の人は「必ず」という言葉を使いません。

「必ず応募が集まります。」という営業は怪しいので信用しないでください。

ではどういう表現を使うか?

「集められる可能性が高くなります」

とか濁した表現を行います。(今度営業が来たら聞いてみてください。)

2020年時点では掲載課金が業界の主流ですが、徐々に割合は減ってきていると思います。

なぜなら、採用困難な状況が続いていて掲載しても応募が来ないからです。

結果的に高いだけで無駄金を捨ててしまっているだけになり、掲載するお客様側からは他の手段も探してきてる状況です。

そこで出てきたのが、応募課金・採用課金です。

※タウンワークの詳細はこちら!

https://l-spiral.com/200508townwork/

※マイナビバイトの詳細はこちら!

https://l-spiral.com/200512mynabibaito/

その② 応募課金・採用課金タイプ

応募課金・・・1件応募がある毎に課金されるタイプ。

採用課金・・・1名採用される毎に課金されるタイプ。

このタイプのメリットは確実に応募・採用が見込める事です。

応募課金は文字通り、応募に対しての課金です。

だから営業担当者は次の言葉をよく言います?

「掲載するだけなら無料なのでやってみませんか?」と。

聞いたことありませんか?

では応募・採用課金は、どういう媒体があるのでしょうか?

応募・採用課金

マッハバイト(ジョブセンス)

しゅふJOB

マイベストジョブ

マイナビバイト(応募課金)

新しくできた媒体はこの手法がほとんどです。

ちなみに短期に特化したショットワークスに関しては、「閲覧課金」のサービスがあります。

閲覧課金

ショットワークス

月額運用費3万円+閲覧課金

短期の場合には非常にいい媒体かと思います。

ではなぜ新しい媒体は掲載課金ではないか?

それは知名度がないから、「検索時に探されず、閲覧される事がない為」です

だから掲載課金では応募が集められず、1名あたりの応募・採用で課金をする手法となっています。

まとめ。急ぎなら掲載課金。時間があれば応募・採用課金。

困った人
困った人
最終的にどうすればいいの?
 

時と場合により選択肢はことなります。

掲載課金を選択する場合

急ぎで採用が必要な場合・・・掲載課金

おすすめ媒体 タウンワーク

 

採用したいエリアがタウンワークの該当エリアであれば私は一番オススメだと思います。

なぜならば

・一番知名度が高くユーザー認知度もトップクラス。

・グーグルで検索された場合、タウンワークはほぼ1ページ目の上位にきます。

・紙面とネット(スマホ)両方に掲載が可能。

以上3点の理由からおすすめとなります。

次は、マイナビバイト、その次にバイトルになるかと思います。

おすすめ媒体 マイナビバイト

 

・タウンワーク同様知名度が高い。

・20代からの応募が多く、短期も集まりやすい。

・働く体験を重視したCMづくりで働く目的を持った応募が多い

だから若くてもいい人材が集まりやすくおすすめです。

(だからと言って面接のバックれは起こってしまいますからね)

応募・採用課金を選択する場合

応募・採用課金を選択した方がいい場合

・今すぐの採用ではなくても大丈夫な会社

・恒常的に採用が必要な派遣会社

・すぐに辞めてしまう会社。

応募課金は上限の応募数を決める事ができるので、10万円で○○人の応募が確保できるメリットがあります。

だから計画的な採用活動ができる事が多くなります。

こちらは後日記事にしたいと思います。

以上、求人媒体の比較となります。

それぞれメリット・デメリットを使い分けて効率よく採用を行ってまいりましょう!

 

その他 indeed(インディード)について

そういえば、業界を席巻しているindeed様はクリック課金でしたね!!

こちらも後日記載します。ではまた。

https://l-spiral.com/20190712indeed/

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、 ビジネススキル/西武ライオンズ/新日本プロレス/読書/ランニング/スプラトゥーン2/ マンガ/北方謙三/小説/筋トレ/中村天風/器/建築/カメラ/ 好きな言葉:継続は力なり。
amazonがおすすめ!

Pocket



こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!