プロレス

【新日本プロレス】2019年 G1クライマックス 4日目終了

Pocket

新日本プロレスとは

本日は新日本プロレスについて書きたいと思います。

言わずと知れた日本国内最大のプロレス団体。古くはアントニオ猪木が立ち上げた団体。

タイガーマスクやライガー、闘魂三銃士の橋本、蝶野、武藤あたりが有名です。最近では、棚橋、オカダ、内藤ですかね。

そんな新日本プロレスの真夏の祭典といえば、G1クライマックス

今年で29回目の大会です。

今年は7月4日にアメリカで初めての公式戦を開催。

8月12日まで約1ヶ月間続いていきます。

私は最終日の日本武道館大会に観戦予定です。非常に楽しみです!

このブログを書いてるのは4日終了時点。ABブロック共に2大会終わってます。

2019年G1CLIMAX、優勝予想!

私の開幕前の優勝予想は内藤でした。

なぜならインターコンチ持ってて、優勝して来年の東京ドームでオカダに勝つというシナリオを予想したからです。

ちなみにAブロックの決勝進出は飯伏幸太。

Bブロックは内藤哲也の予想です。

しかし、早くも外れそうです。

Bブロックの予想は内藤哲也

このブログを書いているのはBブロック2日目になります。

G1クライマックス Bブロック2日目 結果

飯伏は初戦のKENTA戦で足をグネって負傷。

その影響か2連敗。なかなか乗り切れない。

優勝予想をした内藤は初戦の矢野通にまさかの敗戦。

試合も茶番でした。

2戦目はタイチ。因縁があります。

個人的にタイチは応援してます。

なぜなら、あんなキャラだけど、ちゃんと努力してるのが、プロレスを観てて伝わるからです。

だから、この二人の試合はタイチを応援してました。

師匠川田のステップキックやパワーボムなどヘビー級に転向し体重が重くなり、技も重たく感じます。

そしてフィニッシュは飯塚さんのアイアンフィンガーフロムヘル!!

番狂わせで、タイチが内藤に勝利です。

この辺の正攻法とダークなバランスがいいのが今のタイチ。

あとは、ジョンモクスリーが台風の目。

元WWEのディーンアンブローズ。

WWE時代はあまり好きではなかったが、最近の試合はちゃんとプロレスしてるし、カラダも説得力があります。

今後は誰がどう勝つか?が見どころになるでしょう。

もう一人以外なスタートはスイッチブレードことジェイホワイト。

オカダの言葉を借りると、ジェイのクソヤローですね。

昨年は初出場のG1で棚橋オカダを下し、一躍トップ戦線へ。

今年の2月にIWGPヘビー級のベルトを奪取するなど、新しい新日の顔になってました。

ところが、まさかの2連敗。殿と石井ちゃんに負け。最近の格付けでは圧勝していただけに意外でした。

そんなジェイホワイトに勝った後藤洋央紀。

最近はパッとせずネタにもなりつつあったが、LA道場で修行。筋肉質にもなり、新技も開発し復活。

これから優勝戦線に食い込むかと思われたが、2戦目でアッサリ敗北。

やっぱり後藤だったのね。初戦のマイクアピールは熱かったのに!

G1のGは後藤のG!

Aブロックの優勝予想は飯伏幸太

一方AブロックではKENTA。

元NOAHです。最近5年間はWWEでした。個人的にはファンです。

カラダは小さいですが、気持ちを前面に打ち出して戦う姿は感動すら覚えます。

古くは丸藤対KENTAを観たくて一人で日本武道館へ行ったこともありました。

だから応援してますが、体格的に不利なので優勝予想から外してました。

しかし、まさかの飯伏と棚橋を撃破。

今後はオカダが壁になるのかな?期待したいです。

そしてこのKENTAのソウルメイトが柴田勝頼。

柴田は後藤の同級生。

今回後藤はLA道場で柴田とヤングライオンと一緒にトレーニングしてました。

そして昨年の決勝で棚橋と入場し、飯伏の初優勝の雰囲気を壊したのも柴田勝頼。

こう考えると面白い因縁ですね。今後も期待したいわ。

そんなわけで、次の大会も楽しみにしましょう!ではでは。ゴードゥースリーープ!

プロレスファン歴35年。今までのファン愛を振り返る。

ABOUT ME
ライスパ
ライスパ
本業は、都内の求人総合代理店の営業。 副業で趣味ブロガーとなる。本業×副業=パラレルキャリアを目指し市場価値UPを目指しています。 興味があるのは、ビジネススキル/西武ライオンズ/プロレス/読書/ランニング/文房具/手帳/ゲーム/マンガ/小説/海外ドラマ/筋トレ/器/建築だよ。 好きな言葉:継続は力なり。
dマガジンで雑誌を読み放題しよう!

Pocket



「まだ雑誌買ってるの?」

雑誌読み放題のdマガジンを活用すれば、ほとんどの主要雑誌を読むことができます。

dマガジンのメリットは、この3つです!

  • 月額400円と雑誌一冊分
  • 450誌の雑誌が読める(増刊号とかも読める)
  • 5つのデバイスで読める

あのドコモが運営しているサービスだから安心です。

  • 週刊誌
  • グラビア雑誌
  • 美容系、ファッション系雑誌

これらの雑誌が読み放題で、月額400円だから雑誌1冊分の金額でたくさん読めるのは嬉しいです。

初月31日間は無料なので、まずはトライアルで試してみて、良かったら継続するのが良いかと思います。

登録はこちら

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter登録はこちら!
Twitter登録はこちら!